シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

年金生活子供から援助される人、援助する人

子供から援助を受けて生活している年金者がとても多い。

 

なぜわかったかと言うと、年金いくらもらっているかというユーチューブを見たから!

 

あなたの年金はいくら位?

 

という該当インタビューでみなさんに自分の年金額を仰っています。

 

実に様々。

 

こんな少ない年金じゃ生活できないわよと言って、息子から援助してもらっているとか。

 

それも堂々と援助してもらうのはあたり前のよう。

 

今の年金で働けなくなったら子供に助けてもらうとか。

 

一方、子供や孫にお金を吸い取られている年金者もいます。

 

広告

 

 

年金では生活できないと子供から援助してもらうのはどうなの?

 

年金だけでは生活できないから、月に数万円送金してもらう親がいれば、同居をしているから助かるとの年金受給者も!

 

なんで子供に?

 

子供には将来世話になりたくないと言う人も少なくはないけど、当然のように子供に援助してもらうと言うのはどうなのかな。

 

子供世帯はこれから教育費にもお金がかかります。

 

食費もかなりかかります。

 

なのに援助してもらう?

 

まぁ、子供は親を面倒見るのは法律で決まっているらしいですから、これは仕方ないこと。

 

子供は親を援助、というわけで私は不足分の母親の施設代を払ってます。

misapon.hatenablog.com

 

 

そして今まで育ててきた金額を考えると、これからは親の生活を面倒見ると言うのも一理あり。

 

でも、なんで自分たちの老後を見据えて貯金などしてこなかったの?

 

もしも子供がいなかったらどうしてたの?

 

という疑問もある。

 

親の老後をみるのは当然だとか、今まで育ててあげたのだからという気持ちは良くないと思うのだが。

 

年金生活なのに子供に援助する人

 

親はお金持っていると思っているのかしら?

 

そういう私の友人。

 

何かあれば孫を預かる。

 

孫を預かっている間は子供はゆっくりのんびり。

 

友人の娘はお婿さんとお出かけ。

 

おばぁちゃんに子供を預けて育児のストレスから解消しているらしい。

 

でもその間の孫の生活費は全部友人持ち。

 

そろそろお迎えに向かうね、お昼そっちで食べるから何かお願い!

 

と言われるとのこと。

 

朝昼晩と孫のご飯、遊園地に連れていき、その間のかかって費用は数万を超えます。

 

それはそうと、娘さん孫に使ったお金はくれるの?

 

と友人に聞くとくれるわけないじゃない。

 

親はお金持ってると思っている不思議な感覚。

 

なんでだろうと言います。

 

旦那さんが亡くなって、遺族年金だけなのに子供たちは親が貯金がたくさんあると思っているのかどうか。

 

全くお金をくれない子供。

 

援助しているのと同じ。

 

一方、70代男性で10万円ほどのアルバイトをしている人がいます。

 

おそらく年金ももらっていると思うけど、いくらかわからない。

 

そして田舎からある事情があってお引越しして来て今はアパートに奥さんと住んでいます。

 

売ってきた家はあまりお金になって無いとは言ってます。

 

だから貯金はあまりない。

 

そして何が辛いかと言うと、アパートの家賃。

 

二年ごとの更新の時は泣きたくなるらしい。

 

その人には4人子供がいて、将来は施設に入るだろうから子供たちにはそれぞれ2万円ずつ施設代を払うようにと伝えたそうな。

 

そんなのあたり前だと。

 

育てるのにいくらかかってると思ってんの?

 

そんなこと私に言われても。........。

 

そりゃ4人育てれば相当お金はかかっているとは思うけど。

 

だけど毎月2万円ずつ親の施設代として払うようにと今から言われてしまうと、子供側としては辛いものがあるのでは?

 

うちの娘たちそんなことを言ったら、冗談じゃないと言われそう。

 

こんなんだもの、子供に援助してもらう何て夢の夢。

misapon.hatenablog.com

 

 

友人のところはよく出来た子供さんたちだなぁ。

 

広告