シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

生前整理を兼ねて断捨離をして精神安定している63歳の私

今63歳の私の断捨離は生前整理を考えながらやってます。

 

もし私が死んだらこれらは誰かが片付けることになるんだよね?

 

娘がおそらく業者に頼んで遺品整理でもするんだろうなって。

 

遺品整理されるくらいなら自分で出来るだけ物を捨てて生前整理をしておこう!

 

実家の大量な片付けをして気づいた断捨離の大事さ。

 

今かなり物を捨てて断捨離をし精神が安定しつつあります。

 

広告

 

 

物を少なく暮らすにはストックは最小限に

 

今回の生前整理、きっと親の家の片付けをすることもなかったらこんなに捨てることを重視していなかったと思います。

 

こんなに大量に物を残して父親は今年亡くなり、母は去年から施設行き。

 

誰もいなくなった実家。

 

大量にあふれる物は1トンにもなります。

 

どんだけ捨てるのに頭と労力、そしてお金を使ったか!

 

断捨離の基本を考えて暮らすことがものを減らすコツ

misapon.hatenablog.com

 

捨てるのに費やした時間もすごいし、荷物の量も半端ではありませんでした。

 

娘曰く、今の実家の状態をみて「まだまだじゃん。これで片付け終わったの?」

 

え~?

 

あんなに片付けして、やっとここまで減らしたのに、まだまだかぁ!

 

捨てられないのは使っていない新品のオーガニックタオルやブランドタオル、ハンカチ。

 

雑巾として使うにはもったいなさすぎ。

 

これが大きなビニール袋にぎっしり入っているんです。

 

捨てられない。

 

トイレットペーパー、ティッシュ類は一生分あるんじゃないかな。

 

これも消耗品と言えば消耗品なので捨てることもないなと。

 

大量の紙おむつも捨てるのを躊躇してます。

 

震災があったときなど紙おむつは簡易トイレになるのだとか。

 

そしてビニール袋の大小が何千枚。

 

なんでこんなに買ったんだよ?

 

汚れていればすぐ捨てられるのに。

 

みんな綺麗じゃん。

 

ぁ、洗剤類があっちにもこっちにも。

 

漂白剤、衣類の洗剤、スポンジ、台所洗剤、これらも10年分はあるだろうなと予測。

 

使えるから捨てられない。

 

生前整理を考えた断捨離はストックを持たない暮らしを考えながらやるしかない。

 

残しておくべき断捨離の基本は使い切る!

 

物を少なくするためにはストックは最小限にしなくては!

 

物が少なくなると精神安定するのはなぜ?

 

断捨離を続けていると、気持ちが良いんです。

 

今回はこれだけ捨てて、家にこの分量の空きが出来たと思うとかなりスッキリします。

 

捨てるたびに気落ち良さが増すのです。

 

断捨離ってそんな効果があると言うのは本当でした。

 

misapon.hatenablog.com

 

 

いるかいらないかというよりも、使っていない。

 

しまいこんである物がずっと何年も使っていない状態で保管されていると言うことは物が循環していないと言うこと。

 

使っていないなら保管しておく意味もない。

 

消耗品でもなんでも使っていなくて保管してあるのはどんどん捨ててます。

 

例えば、使っていないけど必要おもされていないハンガー。

 

綺麗だけど使ってなくて保管だけしているお鍋やフライパン。

 

文房具類も使っていない新しいボールペン、消しゴム、大量のクリップなどどんどん捨てました。

 

無くても大丈夫だった数十年ですからね。

 

捨てても何を捨てたのか思い出せないと言うことは捨てて正解。

 

一見、部屋の中をみるとあまり物が減っていないようだけど実際はかなりのものを捨ててます。

 

生前整理を目的とした断捨離は思い切りが必要。

 

あと寿命が半分残ってたらここまで捨てないかもしれませんが。

 

今の私は捨て活でかなり気持ちが安定してます。

 

断捨離、物を捨てることによってお金をうんで時間も出来るって本当なんだと思ってます。

 

広告