シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

60代から突然の病で人生が狂ってしまう人の行く末は?

普段普通の生活をしてて、突然恐ろしい病になることなんて普段は考えもしません。

 

でもまさかの病は急にやってくることがあるのです。

 

特に60代過ぎる頃は脳、心臓の病に侵されやすい年齢になって来ます。

 

家族がいる人はまだ良い。

 

でもおひとり様が急に一人では何も出来なきなくなるほどの病に侵されてしまったらいったい生活はどうなってしまうのでしょうか?

 

人生が狂ってしまう病気、その後の行く末はどうなってしまうのか、恐ろしか!

 

広告

 

 

60代から突然の病である脳や心臓系に倒れ生活が一変する人ってどんな人?

 

老化も急に進んできたな、見た目もだいぶ変わってきたなと自覚するのが60歳を過ぎたころから。

 

臓器も若いころと違ってきます。

 

だんだんと脳や心臓の病が増える60代。

 

いっぽう長生きをしている人もいる差はなんだろう!?

misapon.hatenablog.com

 

 

施設に顔を出している私は、病に倒れている人が高齢者ばかりではない人も見ています。

 

50代、60代で施設に入居しているのです。

 

周りは70代、80代、90代の人が入居しているのにパラパラと50代、60代の人がいるのです。

 

それは脳疾患で半身不随になって自分のことが今までのように出来なくなった人。

 

脳梗塞、脳出血など。

 

私の義理の弟は行ってきま~すといい、そのまま帰って来ませんでした。

 

どうやら急変の原因は心臓。

 

亡くならなかった人、亡くなった人それぞれいますが、まだ50代、60代。

 

これからだと言う時に大病になり、生活は一変。

 

自分では何も出来なくなった、今までのように行きたいところに自由に行けなくなったと。

 

仕事も出来ない、好きな食べ物さえも買いに行けない。

 

病に侵されて亡くならず、運よく生還しても麻痺などが残った場合は過酷な残りの人生を生きて行かなくてはならない。

 

泣いても泣いても悔しい。

 

おひとり様が病に倒れた場合どうやって生活費を確保?

 

年金を65歳からもらう予定にしていた人の生活はと言うと、おひとり様の場合は誰も経済的に守ってくれる人がいない場合生活保護が多いです。

 

生活保護をもらいながら施設に入居している人。

 

何とかアパートを借りてヘルパーさんに週に何回か来てもらって生活をしている人など様々です。

 

コンビニさえ杖をついても行けないと言います。

 

距離が100メートル以内なら何とかなるけど、それ以上遠い場合は無理。

 

施設に入居している人は半身不随ですが、天涯孤独。

 

50代半ばにして麻痺状態で、杖人生。

 

misapon.hatenablog.com

 

 

これもまさかの突然の病で生活が一変してしまうんですよね.....。

 

アパートを借りて自分で家計を計算しながら自活すると言うのは、生活保護であっても無理だと判断する人はサービス付き高齢者住宅へ。

 

脳溢血になって言語障害が残っている人も少なくありません。

 

なぜそうなったのか、聞いてみると

  • 「お酒が大好きでほぼ毎日飲んでいた」
  • 「血圧が高かった」
  • 「動脈硬化になることを避けるために、医師にコレステロール値を下げるよう言われてた」
  • 「血圧が高いのはわかってたけど、血圧の薬は飲んでなかった」
  • 「肥満」+「糖尿病」

 

だいたいの方が血圧が高かったようです。

 

そんな人たちの話を聞いて、私血圧ヤバい!

 

最近の私の平均血圧が最近140前後なのです。

 

病院ではこの血圧について薬を飲みましょうとは言われませんでした。

 

自分で気を付けるしかないです。

 

私は一人暮らしの60代ですから、もしも急な病になってしまったらどうなってしまうんだろうと!

 

とにかく朝から天ぷらを作って食べるのやめよう。

 

1週間に3回のスィーツはヤバいね!

 

食べ放題はしばらくはNG。

 

パスタ、炒飯類は自分で作る場合1人前×1.5倍位作って食べてしまうので、これも気をつけなきゃ!

 

血圧を下がるには私の場合一番に食べ物!

 

なってしまう急な病は避けきれませんが、普段からの臓器の良くないと思われる数値をせめて中央値に持っていかなければ。

 

おひとり様は病に倒れたら本当に大変ですから。

 

広告