シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ローン地獄だけど金持ちな子供たちと貧乏な私

子供よりもずっと貧乏な私。

 

いつも家と車のローンや子育てにお金がないと言う娘たちをみると助けてあげたくなる。

 

助けるほどの余裕は全くないから、自分の生活を超節約しているのです。

 

おまけに親のこともあるし。

 

60代って挟まれているよね。

 

家や車のローンや育ち盛りの子供のいる生活費に追われている娘たちに私はどこまでやってあげるべき?

 

広告

 

 

貧乏な私とローン地獄だけど金持ちな子供

 

貧乏に決まっているじゃん私。

 

でも私はお金があると思っている子供たち。

 

どこかに行けば私が娘家族の分まで払う。

 

会話の中でもローンと生活費がアップアップになっているのが良く分かる。

 

その上、浄化槽だ食洗器が壊れただの、スゴイ出費の娘たち。

 

そのお金は出せなくても、お菓子を買ってあげて食材を届けたりはしたくなるし。

 

共働きだけど、しょっちゅう旅行行ってるし、車の買い替えだの、家のローンはものすごい。

 

体調不良になっても自分たちは医者に行くのがもったいないと言う娘たち。

 

家を買うのは考えてね!

 

身の丈に合った買い物しないと後が大変。

 

だってローン通ったと言うことは可能だと言うことでしょ?

 

という娘。

 

でも、今になって家計が苦しいんだもんね。

 

だから言ったでしょ?

 

なんて言うもんなら怒るから言わない。

 

でも「家のお金高すぎる。なんで注文住宅?」

 

「しかも思い切り高いハウスメーカー?それはやめてお婿さんだけのお給料で買える家を建てなきゃ後から苦労するよ!」

 

私の話を全く聞かなかった今娘たちはお金があっても苦労している。

 

そのしわ寄せはもちろん私にも。

 

助ける必要はなくても、自分の食費を切り詰めても助けてあげられることはやってあげなくちゃと。

 

自分が死んだときに子供が悲しんでくれればそれで良し

 

テレビなど見ていると親思いの子供が出てきます。

 

うちは全くないなぁ。

 

でも、自分が死んだときに悲しんでくれればそれでいいかと最近は思うようにしてます。

 

見返りなんて求めてないけど、なんだか寂しいよな。

 

これからも一人暮らしをする私のことは全く眼中になし。

 

別にいんだけどね。

 

未亡人も辛いよ。

 

寂しくても楽しんで生活しなくっちゃ!

misapon.hatenablog.com

 

子供たちの生活を心配ばかりするより自分の幸せも考えようかな。

 

子供のいる幸せと心配。

 

親っていつまでも子供の幸せを願うんだよな。

 

でもな、やっぱり婚活するかな。

misapon.hatenablog.com

 

 

な~んちゃって!

 

広告