シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

plan75映画のネタバレ感想と倍賞千恵子演じる老後は地獄!今できることを速攻すべし

映画plan75のネタバレはまるで老後ホラー。

 

高齢者の住まいや年金問題にも直面した生きて行く地獄!

 

75歳以上の人に死ぬ権利が与えられる、後期高齢者へ支援制度を国会が認めたと言う内容。

 

カンヌ国際映画祭で受賞したこの映画。

 

倍賞千恵子さんが老後悲惨をリアルに演じていました。

 

美しく踊って歌っていた若き日の倍賞千恵子さん。

 

男はつらいよで出てた寅さんシリーズのさくらがこんなんなっちゃった?

 

映画とは言えここまで?

 

老後悲惨の怖さ。

 

誰にもやってくる老後を辛く悲しいものにならないように今出来ることを早急に考えなくては!

 

広告

 

 

plan75映画のネタバレ感想

 

plan75映画のネタバレ感想を書く前に一言!

 

誰にもあり得る老後の現実を描いたリアル映画!

 

ネタバレ的に言うと、75歳以上の人には自由に自分の人生を終わらせる権利があると言う話。

 

その筋道を誘導してくれる「plan75」のプランに賛同してもらう人を募ると言う物語。

 

映画の冒頭はかなりショッキング。

 

今いる高齢者の社会的位置って若い世代から見るといらないものなの?

 

悲惨どころかこれって高齢者を社会から抹殺する話になってるじゃん?

 

特におひとり様の独居暮らしは生きて行くのがかなり厳しい。

 

  • 低い年金
  • 今まで住んでいた住まいが家賃が高くて生活が圧迫
  • 高齢者の住まいの更新、住まい変更の難しさ
  • 仕事をしないと生活できない高齢者
  • 生活保護は受けたくない
  • 子供がいても疎通でいないも同然
  • 体調が悪くても一人だから気づいてくれる相手もおらず孤独死

 

これらの高齢者の問題を一気に盛り込んだplan75映画でした。

 

旦那様と死別して毎日の生活に困窮している老婆?を倍賞千恵子さんが演じています。

 

映画と言えば私は1,200円で観ましたが、動画配信サービスを使うとなんと映画がタダ!

 

ところで映画好きは年に何回見るのかな。

 

動画配信サービス無料期間が今は2週間~トライアルが31日あるから試すとお得。

 

住まいの近くで無料で映画を観よう!

 

数年のうちにテレビでも放送するかもしれませんが、映画館で見るからこそ良いんですよね。

 

映画好きにはたまらん。

 

何が?

 

コーラを飲みながらポップコーンを食べながらのひとときが最高なんです。

 

重いテーマの映画でしたが、美味しく映画を観るのはやっぱり良いね~。

 

私は先日トップガンを観に行きましたが、月に1本位観てます。

 

plan75映画の倍賞千恵子さんについて

 

あんなに華やかな倍賞千恵子さんのイメージが壊れていく......。

 

しわしわの顔で70代後半といったところかな。

 

41歳の時の倍賞千恵子さんの歌

大好きな曲「サヨナラはダンスの後に」

 

映画の中での倍賞千恵子さんはおそらく家賃4~5万位と思われる賃貸の団地に住んでいる。

 

ビジネスホテルらしきところでベッドメイキングのパートをしている。

 

同僚はみな高齢の女性。

 

高齢だからこそ雇う側のリスクがあるため働く場所が限られてしまうので、ある程度の年齢になった時の転職は生活破綻へ直結。

 

年金だけで食べられない高齢者はきっとたくさんいるはず。

 

そんな高齢者のリアルに描いた映画を自然に演じる倍賞千恵子さんはすごい!

 

同じ老後を描いた作品

 

「老後の資金がありません」

 

とはかなり違う!

 

こちらもおススメ。

 

映画は無料で観たほうが良いよね!

misapon.hatenablog.com

 

plan75映画のネタバレ感想はもっと書きたいけど、これ以上は書いたらマズイかなと思いましたのでこの辺で。

 

思ったことは今の63歳よりもこの映画のように15年後70代後半がリアル老後が来るなと。

 

老後地獄にならないためには今色々と考えるべしなんですよね。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

まだ間に合うか私。

 

でも何をやろう。

 

  • まずは健康。
  • これからの健康的な住まいの確保をどうするか?
  • 足りるか老後資金?働いて貯金にはげむ?
  • いつ死ぬかわからないのだから、楽しむことも大事。
  • もしもの時の準備

 

広告