シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

金融資産3000万円以上の人達の日常を知ると自分も財布の紐を絞めたくなる

金融資産3000万円以上の人達の日常ってどんなのか?

 

60代おひとり様の私の友人二人がそれに当たります。

 

どんな日常を送れば資産3,000万円以上貯めることが出来るのか?

 

そのうちの一人の友人を例にみると、働く働く!

 

60代で心臓にステントが入っていてもものすごく働く。

 

パート3つ位いつも掛け持ちしてますしね。

 

洋服や日常のものの買い物も私とは違う。

 

そりゃぁお金が貯まるわけです。

 

金融資産3,000万円以上貯めている60代の友人ふたりの日常とお金の使い方とは?

 

広告

 

 

金融資産3,000万円以上の60代のバツイチ友人の日常

 

離婚経験組の60代の友人はいつの間にか3,000万円以上お金を貯めていました。

 

なんでいつの間に?

 

まずは食費はあまりかからない。

 

洋服は滅多に買わず、あるもので。

 

そろそろ傷んできたか服達?

 

と思うとリサイクルショップで数百円の服を購入。

 

靴は安いスニーカー。

 

下着もしまむらとか激安ショップにて購入。

 

「私?普段お金なんてあまり使わないわよ」

 

最近一つの職場をやめて別の飲食店に勤めだした友人はまかないを食べているので、そこでも食費は節約。

 

掃除のおばさんも始めた。

 

短時間勤務週に3回。

 

時給が良い。

 

夜の受付の仕事もしている。

 

こちらも確か時給1,300円。

 

すごい時はシフトによって1日3つの仕事が重なる時があるそう。

 

このパートは月に〇万円。

こっちは固定で〇万円。

こっちは良い時で十万円超え。

 

合計すると20万円行くか行かないか?

 

いや、計算したら毎月20万円以上は働いているんだわ。

 

と教えてくれたのです。

 

そして年金が13万円。

 

だから20万円強は毎月貯金出来ている。

 

今から何年こんな働いてここまでお金を貯められてきた?

 

何十年も前から。

 

だって離婚してもずっとたくさん働いているし、貯まるでしょ?

 

だって。

 

それにしても少なくても3,000万円はあるってさらっというんだからスゴイ!

 

misapon.hatenablog.com

 

そろそろお金を使っていく世代であり、切り崩ししていく世代でもあるのかもしれない?

 

同じ60代でもこの二人のように何のお金の心配もない人もいれば、毎月パツパツの人もいるし。

 

今からでも頑張って働けば少しは貯金出来るかな。

 

いや、貯金せねば。

 

貯金3,000万円あれば精神的余裕が生まれるのか?

 

貯金3,000万円貯めている人ってそうそう多くはないような気がしますが、60代では全体の22%もいるんですよね。

 

みなさん3,000万円の貯金があるからって精神的余裕があるかと言えば、そんなことはないと思ってお金は大事にしています。

 

年金額で生活できるかどうか?

家賃、ローンがあるかどうか?

 

この二つが心配のないものなら金融資産3,000万円あれば余裕ですよね。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

毎月のお金で生活できれば金融資産は減らない貯金なのですから。

 

もう一人の死別組60代の友人も貯金3,000万円以上クリア。

 

旦那様が亡くなっても遺族年金がたくさんあっても正社員ではないものの、資格職でずっとフルタイムに近い時間は働いてきました。

 

もちろん?

 

遺族年金は丸ごと貯金。

 

15万円くらいのパートのお金を毎月貯金。

 

企業年金も毎月3万円弱入金されてます。

 

個人年金も毎月4万円入ってきます。

 

遺族年金のほかにこんなにお金が入ってくるとはお金貯まり過ぎじゃん?

 

さらに旦那様の保険や退職金も入ってきてますし。

 

私はこれらがない。

 

こちらの友人もおしゃれにさほど気を使わず、身なりをきちっとしている程度。

 

小奇麗にはしているけど、バーゲンだからと飛びつかない。

 

私のようにテレビ通販を日常に見ていない。

 

今日もテレビ通販で1台3役こなすドライヤーをテレビ通販で買ってしまった私。

 

1万円なり。

 

時々は3,000万円貯めてある友人たちの日常を思い出し、財布の紐を絞めなきゃいかんですね。

 

広告