シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

コロナ感染がきっかけで闘病5ヶ月、天国へ行った父88歳!

シニアおひとり様みさぽんブログをずっと書けなかったのはコロナに感染した父のことがあってからでした。

 

昨年8月に外出していない父がコロナに感染。

 

まさかのコロナだったとは。

 

88歳。

 

体調は戻りませんでした。

 

コロナに感染していなかったらまだまだ元気だった父。

 

私の愛犬の天国にいるところに旅立ちました。

 

広告

 

 

まさかのコロナに感染した父

 

5か月前コロナに感染した父親は前日までスーパーにひとりで行き、普通に食事を摂りトイレも行きたいときにひとりで行ってました。

 

f:id:navimy:20200915185815j:plain

 

いつもと違う父親を発見した時、父はベッドの下に目をつぶってなだれ込んでいました。

 

もしや、息はしていないのでは?

 

どうやら意識もある、いったいどうしたのだろう?

 

ベッドに寝させ、様子を見ても変わらず。

 

返事もない。

 

真夏なので、日射病?熱射病?

 

脱水?

 

とにかくこのままじゃ死んじゃうんじゃないかと思い、救急車を呼んだのでした。

 

その日は病院へ入院し検査検査。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

でもその症状はなんだかわからない。

 

外出してないし、同居家族はワクチン2回も打ったし。

 

次の日病院から父がコロナに感染したのが原因で意識混濁していることがわかりました。

 

え?

 

外出していないのですが。

 

即効、父親に接触した私たちはすぐにPCR検査。

 

私たち姉妹は陰性でした。

 

ずっと接近していたわけでもないけど、飛沫ってわからないし。

 

でも陰性。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

お風呂入れてくれているヘルパーさんにケアマネージャー経由で話してもらったら、ケアマネージャーさんは、ノーコメント。

検査はしません。

 

あなた方のどちらかがいつの間にかコロナになってお父様に移していつの間にか治ったんじゃないですか?

 

あきれてものが言えません。

 

そのずっとあと、保健所からそこに事業所の名前を教えてください。

 

濃厚接触者の疑いが濃いです。

 

でも、いまさらですから、私は事業所の名前を言いませんでした。

 

事業所、ケアマネージャーは困るのは目に見えています。

 

そんなことをしても父の病状は戻りませんしね。

 

コロナ感染後の父親一か月後は廃人のよう

 

救急病院のコロナ感染病棟に入院した父はまずは抗体カクテルでコロナをやっつけることから。

 

閉鎖された病棟。

 

見当識障害もすぐに表れたそうです。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

あたり前ですね。

 

健康な人でも一か月も閉鎖された空間にいて、見るのは看護師さんとドクターだけ。

 

ここはどこ?

 

私は誰状態が一か月つづき、絶食してますとのこと。

 

点滴だけ。

 

しかも拘束されてました。

 

みるみる筋肉はなくなっていきます。

 

一か月後、救急病院から慢性期の病院へ転院しました。

 

転院するときに見た父はコロナになる前日の父ではありませんでした。

 

父88歳がコロナきっかけで亡くなるまで

 

コロナが陰性になったところで慢性期の病院に転院した父は、何度か熱を出しました。

 

点滴なのか、誤嚥性肺炎なのか、何が原因だかわかりません。

 

コロナ禍のため、WEB面会のみ。

 

数回パソコン越しの父と面会しましたが、私のことはもうわかりません。

 

ほぼベッドでの寝たきり。

 

日に日に弱っていってますとの病院のドクターからの連絡。

 

よくはならない。

 

高齢ですものね。

 

でもコロナに感染しなかったら、いまだって普通に食事も出来てて歩いていたと思います。

 

やせ細っていった父。

 

あの時、もっと優しくしてあげれば・・・

 

これは誰もが思うらしい。

 

大往生じゃない?

 

天寿を全うしたんじゃない?

 

いろいろと言葉で元気づけてくれる人たち。

 

コロナ感染して約5ヶ月。

 

気の休まることがなかった私ですが、お葬式も終わりいろんな手続きをしている最中です。

 

棺に眠っていた父は痩せていた顔を納棺師さんに整えてもらってふっくらと優しい穏やかな顔にしていただき、旅立っていきました。

 

私の愛犬と天国で幸せに暮らしてほしい。

 

あと一週間もすれば亡くなって一か月も経ち早いなと感じます。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

はてなブログもそんなわけで、数か月書けないままでした。

 

また少しずつシニアおひとり様みさぽんブログを書いていこうと思います。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

よろしくお願いいたします。

 

広告