シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

映画「老後の資金がありません!」の感想は面白すぎ!無料で観れる方法とあらすじを公開!

映画 老後の資金がありません!

 

天海祐希さん主演の映画、観てきましたよ!

 

老後の資金がありませんと言うタイトルにひかれて見に行ったわけですが、この映画は老いも若きも絶対に観に行くべし!

 

おもしろすぎ!

 

なんせ観たあと歩いている人の多くが「あ~、面白かった!」「この映画にして正解だったね!」

 

そんな感想を言ってるんですもの。

 

老後の資金がありませんの映画を無料で観る方法を映画のコマーシャル中に紹介してました。

 

まだ観ていない人は無料で、そうただで映画を観ちゃってください!

 

感想も続く~!

 

映画「老後の資金がありません!」を観た感想は?

 

映画「老後の資金がありません!」を観た感想は一言で言うと「おもしろ~い」「この映画に係わったキャスト、スタッフたち楽しそう!

 

老後の資金がありませんと言う映画は先入観もあり、リアル老後を考える熟年世代の今を考える映画だと思ってましたしね。

 

もしかしたら金銭面、生活面など参考になるのかなと思ってました。

 

f:id:navimy:20211107192420j:plain

 

が、しかし映画半ばにさしかかるところあたりからコミカルチックで笑ってしまう場面が何カ所も!

 

映画で笑うって素晴らしいです。

 

昨日の映画でかなり私の免疫が高くなったと思うくらい。

 

草笛光子さんがあるシーンで、「あなた、宝塚入団したいって?ムリムリ」

 

そんな感じで普通の50代の主婦を演じている天海祐希さん。

 

コンビニの店員、電気屋さんの店員など頑張っている姿を熱演してましたよ。

 

知ってるかなぁ、柴田理恵さんの父親役の毒蝮三太夫さん。

 

かなり面白い味を出してます。

 

私は62歳。

 

きっとこの世代が多いのかなと思ったら、70代、80代くらいの男女もいてびっくらこきました!

 

おばぁちゃん、おじぃちゃんに連れられたのか小学生くらいの孫もいました。

 

こんな映画に孫を連れてくるとは!

 

と思ったのですが、この小学生こそ?映画を観た後「あ~、最高!おもしろかった!」と感想を言っていたのです。

 

もう、「老後の資金がありません!」観てみて!

 

なんなら無料で!

 

そうただでこの映画観れるよ!

 

映画を無料で観れる方法は次の見出しで!

 

映画「老後の資金がありません」を映画館で無料で観れる方法とは?

 

私たちは60代なので、シニア価格で映画を観ることでやった~と喜んでました。

 

ところが、なんと映画が始まる少し前のコマーシャルで映画を無料で観れる方法を紹介してました。

 

噂では知っていたけど、映画館のコマーシャルが言うので本当の話です。

 

それがこちらの動画配信サービスです。

   ↓↓↓

公式サイト・U-NEXT

 

31日間、月額かかるところいまだったら無料です。

 

動画配信サービス数あれど、こちらの動画配信の本数はトップクラスです。

 

こちらの動画配信サービスはお得がたくさんあります。

 

そのひとつが登録したら映画を1本無料で観れるということです。

 

映画「老後の資金がありません!」のあらすじは?

 

映画「老後の資金がありません!」のあらすじを軽くご紹介!

 

まずは、住宅ローンが残っている50代夫婦が主役。

 

そこに夫の両親の存在が深くかかわって来ます。

 

夫の父親が亡くなっ葬式代に、ん百万円使った夫婦はお金がどんどん減って来ます。

 

夫の母親にも毎月仕送り。

 

この母親が草笛光子さん。

 

面白いし、華があります。

 

ラストシーンで「ラストダンスはわたしに」を歌う姿はさすが松竹歌劇団「SKD」に入団していた事をほうふつさせます。

 

映画「老後の資金がありません!」のあらすじをもっともっと書きたいのですが詳しく書くことはよろしくないと思いますので、適度に。

 

シェアハウスの存在も出てきます。

 

あぁ、いいなぁシェアハウス。

 

友近、クリス松村も出てくるわ、面白かったのが加藤諒!

 

バリバリのロック歌手。

 

その両親が北斗晶、田中健介夫妻。

 

ここだけでもう笑えます。

 

あらすじなんてもういらない!

 

免疫も高まるし、絶対におススメの映画です。

 

どうせならだたで観ちゃってください!

 

映画館で観るのがやっぱり良いですね!