シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

シニアでも大活躍な男女ヘルパーさんの仕事は最近時給も良い!

少し前までヘルパーさんの仕事は3kと言われ、あまり良い仕事の印象はなかったようです。

 

でも今は介護業界は人手不足。

 

そのため、介護に係わる人の賃金もアップしました。

 

パート、アルバイトも同じく男女共ヘルパーさんは時給も以前とは比べものにならないほど。

 

シニア、シルバーと言われるヘルパーさんも今は大活躍しています。

 

60代はあたり前、80代でもヘルパーさんとして頑張っている人も!

 

シニアでも求人の多いヘルパーさんの仕事内容や時給はいくら位なのでしょうか?

 

広告

 

 

シニアでもヘルパーの仕事は出来るのか、どんな仕事なのか?

 

昔で言うとヘルパーさんなのですが、今は介護士さんと言われることも多く資格取得をとると専門職と言われ、収入もアップします。

 

ヘルパーさんの仕事の内容はシニアになっても本当に出来るのかと思いますよね。

 

f:id:navimy:20210620220009j:plain

 

腰に負担がこないのか、綺麗な仕事とは言えないのかってね。

 

まずはヘルパーさんの仕事ですが、施設によって色々。

 

老人ホームは基本的に自立するのが難しい人が多く入居しています。

 

そのため、そこでの介護の仕事はお風呂入れたり、洋服を脱がしたり着せたり、そして極め付けがトイレ介助。

 

時にオムツ交換もしますが、トイレ介助は神経を使います。

 

少しでも立っていられる人はトイレのバーなどにつかまってもらってもらってその間手助けをするのです。

 

自力でトイレは無理な人は寝たきりでオムツ交換です。

 

お風呂を入れるのよりも服の着脱のほうが腰に負担が来るようです。

 

食事は介助する人としない人がいます。

 

グループホームは障がい者の方たちの日常支援が主で、食事を作ったりお話を聞いてあげたりで、ヘルパーさんの身体の負担は少ないです。

 

ディサービスのヘルパーさんはお風呂を入れるヘルパーさんや、リクレーションを一緒にやって楽しませてあげたり、いろんな仕事があります。

 

ヘルパーさんも楽しく出来ると思います。

 

やはり、介護度が高い方たちがいる施設ほどヘルパーさんは体力を求められ、時給は高いようです。

 

シニアで訪問介護の仕事を生きがいに頑張っている人

 

施設での仕事以外にヘルパーさんの活躍できる場所があります。

 

それは訪問介護。

 

ヘルパーさんの資格を取ると訪問介護ヘルパーとして働くことが出来ます。

 

今は「初任者研修」と言って決められた時間勉強します。

 

最終日で試験をします。

 

普通に研修を聞いていれば受かります。

 

アメブロで偶然知った80代の訪問介護を生きがいとしてやっている方はとても毎日充実していらっしゃいます。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

シニアでも80代まで働けるって素敵。

 

生き生きとして、いつまでも収入が入ってくる安心感は生きる糧となっていることでしょうね。

 

ヘルパーさんは何歳まで出来るのか?時給の平均は?

 

私の知り合いで73歳、75歳でサービス付き高齢者住宅でヘルパーさんとしてずっと何年も働いている人がいます。

 

まだまだ仕事は辞める気配がないです。

 

↓ヘルパーさんではありませんが、100歳で仕事をしている方を記事に書きました。

misapon.hatenablog.com

 

 

腰を痛めないように、ちょっとした技を使えばシニアでもヘルパーさんの仕事が出きるのです。

 

腰を痛めるのはやり方が変だからということもあるそうです。

 

ちゃんと腰に負担がかからないやり方で介護をすれば大丈夫なんですよね。

 

さて、シニアでもはたらうことが出来るヘルパーさんの時給なのですが、最近はかなり良くて派遣で掲示している金額を見ると1,000円、1,100円はあたり前。

 

派遣でも1,300円くらいの平均の時給なのかなと思っています。

 

中には1600円、1,800円の日勤もありますし、夜勤1日だけでも15,000円20,000円というところあります。

 

スキルや、資格は合ったほうが収入もアップしますので初任者研修は受けといて損はないですね。

 

広告