シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ひとり暮らしでコロナワクチンの副作用が怖くて接種していないってなんとかならないの?

 

ひとり暮らしでコロナのワクチンを打つのが怖い!

 

もしも副反応で夜中にでも高熱が出たら恐怖!

 

40度なんて出ちゃったら、気を失いそう!

 

だからコロナのワクチンは摂取しないと言うひとり暮らし独身の友人がいます。

 

副反応が恐ろしい。

 

独身だから私を助けてくれる人もいないし。

 

そう考えているひとり暮らしの人も他にもいるかもしれない。

 

なんとかならないのでしょうか?

 

広告

 

 

ひとり暮らしでコロナのワクチンを接種するリスクとは?

 

独身で頼れる身内がいない!

 

このたびのコロナワクチンを打ってしまうことは自分にとって恐怖の何物でもない!

 

だって、副反応で高熱が出てうなされても誰も助けを呼ぶことが出来ないし。

 

もしも副反応がきっかけで重篤な病気になってしまったらと思うと、コロナのワクチンを簡単に打つ気持ちにはなれないと。

 

f:id:navimy:20210619191937j:plain

 

コロナのワクチンを打つリスクを考えると、まずはコロナにならないことだけを考えて生活をするしかない。

 

パートナーや子供と一緒に住んでいれば何かがあった時にでも助けてくれるけど、ひとりなんだもの。

 

そう言って、今後もコロナのワクチンを打たないと言う友人。

 

あぁ、でもコロナに感染するリスクを考えたら打ってほうが良いと思うのです。

 

ひとり暮らしの病気になった時の不安を解消する何かは無いものだろうか?

 

コロナのワクチンを打たないと覚悟した場合の生活とは?

 

コロナのワクチン接種をしない覚悟を決めた友人。

 

でもコロナに感染したら大変だと思ってるのも確か。

 

コロナ禍になっている今、かなり気をつけての生活になっているようです。

 

電車には乗らない

スーパーでは前もって買うものを決めて短い時間で買い物をする

人との交流はあまりしていない

外食はほぼしていない

 

ワクチン接種の副反応のリスクと感染のリスク、どっちが怖い?

 

ワクチン接種の副反応のリスクは、熱が出る倦怠感などありますが、最悪亡くなってしまうこと。

 

コロナ感染のリスクは、軽症だとしてもあっという間に重症になる場合があったり、後遺症に苦しんだり、亡くなる場合も。

 

どっちが怖いと言うと、賭け?

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

やはり比率的から言うと、コロナに感染するほうが怖いです。

 

だからこそ、ほとんどの人がワクチン接種を希望しています。

 

1日、2日のワクチン接種の副反応で苦しむことと、感染してしまって命を落としてしまう恐怖。

 

ふたつを比べたら、ワクチンを打って安心したほうが良いと思います。

 

でも、接種反対派が少数ながらもいることは確かです。

 

未知の世界なので、今回ワクチンを打ったために重篤な副作用や副反応がでるかどうか、考えてみるとそれも怖いです。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

ちなみに私はファイザー。

 

娘はモデルナ。

 

そして私の周りでの副反応はモデルナのほうが多いような気がします。

 

広告