シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

眞子さまと小室圭さんの結婚で悩む紀子さま、同居で嬉しい小室佳代さん!

眞子さまと小室圭さんの結婚、まずはおめでとうございますから。

 

しかしながら、国民のみんなに祝福される形になったかというといまだそこまでには至ってなさそうです。

 

小室圭さんは弁護士になり、就職先も決まってひとまず安心。

 

大黒柱として収入を得ることが出来るようになった今、眞子さまと堂々と結婚も出来ると思います。

 

でも、そこには眞子さまの母親である紀子様の悲しみはまだ溶けていません。

 

一方小室圭さんのニューヨークでの暮らしでは母小室佳代さんが喜んでいるのだとか!

 

広告

 

 

眞子さまと小室圭さんの結婚は祝福するべき?

 

色々あった眞子さまと小室圭さんの結婚までの経緯。

 

2021年年末までに二人が結婚することが明らかになった今、国民は二人の結婚を祝福するべきなのでしょうか?

 

f:id:navimy:20190915234813j:plain



 

いろんな経緯があったにせよ、もういいじゃないか?

 

二人を祝福しよう!

 

私にはそんな気持ちがあります。

 

今後、眞子さまを小室圭さんが幸せにすることが出来たならそれで良いのだと思います。

 

おそらく眞子さまと結婚すれば小室圭さんも今までのように記者団から追いかけられることも無いでしょうし、皇室がある程度は守ってくれるのでは?

 

結婚したら、日本では二人をもう第三者は追いかけることはできません。

 

祝ってあげるほうが良い!

 

眞子さまと小室圭さんの結婚で小室佳代さんが友人に語ったこととは?

 

紀子さまは優しそうな傍ら、実際はかなり周りに厳しかったそうです。

 

某ニュースで、小室佳代さんに眞子さまが「母よりも小室圭さんの母親である佳代さんのほうが好き!」

 

と言ったそうで、それを佳代さんが嬉しさのあまり友達に伝えたそう。

 

なんでお友達が公にその言葉を言うかな?

 

また波乱を呼び込んでしまうではないか?

 

眞子さまと小室圭さんの結婚で悲しむ紀子さん?

 

眞子さまと小室圭さんの結婚でおおてを振って喜ぶことが出来なかった紀子さま。

 

日本中がふたりの結婚に賛成してたらそんなことはなかったのかもしれません。

 

問題があり過ぎました。

 

皇室を離れていく眞子さま。

 

娘を守ってあげることが出来なかったと悲しんでいるようです。

 

それよりも、海外に行ってしまう娘を案じたり、なかなか会えない距離に行ってしまう娘のことを思うと、寂しくて悲しくてというところも多いと思います。

 

普通に娘が遠いところにお嫁に行ってしまうと思うと母親としてはかなり寂しいものです。

 

嫁ぐ幸せを祝ってあげたい気持ちと、離れていく娘。

 

親として複雑な心境だと思います。

 

眞子さまと小室圭さんの結婚で喜ぶ小室佳代さん!

 

母親思いの息子を持った小室佳代さん。

 

ご主人を亡くされて息子を一人で育てた苦労。

 

そして今眞子さまを迎えようとしています。

 

それにより、小室佳代さんの株は上がります。

 

一般人とは違う環境に身をおくでしょう。

 

それは物理的ではなくても、気持ちの上でもかなり変わってくると思います。

 

そして小室佳代さんは二人と一緒にニューヨークで暮らします。

 

同居になるのか、近所に向かえるのかわかりませんが、母親思いの息子は佳代さんをけっしてひとりにはしません。

 

佳代さんの金銭問題があったにせよ、母親を守りたいという小室圭さんの優しさ。

 

眞子さまに対しても全力で守ってくれると信じて!

 

でもな、最後にひとつ。

 

小室佳代さんがもらったという大金。

 

これは借金ではないと言います。

 

そんなのどうでも良いじゃないか?

 

払ってしまうと、借金だと認めることになるからって返さなかったお金。

 

返す必要がないと思った小室圭さん親子。

 

小室佳代さんはその時には必要だったかもしれないお金。

 

それにより助かったと思います。

 

必要としないお金なら断っても良かったですよね。

 

今その男性は生活に困窮しているとのこと。

 

だったら、返す必要がないとか、なんだとかそんなことは関係ない。

 

その時にはその男性に恩はあったはず。

 

さっさとお金をお渡しし、結婚したい気持ちを伝え俺についてこい!

 

そんな風に言ってくれたら国民も小室さんに寄り添う気持ちになったのではないかなと思うのですが。

 

広告