シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

72歳で1時間かけてパート通勤している友の働く理由とは?

以前今の私がサロネーゼでウホウホだった時に社交ダンスを習っていた時の友人から久しぶりに電話がありました。

 

聞くと、前から働いていた飲食店でまだ働いているようです。

 

時給は言いませんでしたが、安いのよとのこと。

 

旦那さまが亡くなっていますが、娘家族と同居。

 

家にはお金がかかりません。

 

遺族年金も出ています。

 

72歳、まだ働くと言うその理由を聞いて私もその年齢までは働こうと思ったのでした。

 

広告

 

 

72歳未亡人がパートで働く理由とは?

 

社交ダンス友だった10歳上の友人のお話です。

 

以前から飲食店で働いているその友人は数年前にご主人を亡くしてます。

 

娘家族とずっと同居なので寂しさ、孤独とは無縁です。

 

遺族年金も出るし、娘夫婦も正社員。

 

何かあれば総合的に助けてくれます。

 

今も引き続き1時間の通勤時間をかけて飲食店にパートに行っている友人はまだ仕事を辞めていませんし、まだ続けるようです。

 

f:id:navimy:20191212214126j:plain

 

生活には困ってないのに、なぜ通勤に1時間もかけてまだパートを続けている理由とは?

 

週に2日短時間なので月におそらく4万円前後かと思いますが、本人曰く「パート先が辞めさせてくれないのよ」

 

真意はそれ?

 

72歳で働くメリットは十分にある

 

働かなくても生活できる友人はなぜ72歳になった今でも飲食店で働いているのか?

 

  • それは社交的な彼女が飲食店での人との交流を楽しんでいて、自分の精神安定の一つになっているから
  • パート代をすべて趣味と交際費に当てることが出来るから
  • 支出ばかりよりも入ってくるお金があると言う安心感
  • 外に出ると気持ちがシャキッとして、おしゃれをしていつまでも若さを保てるから
  • 生活費のほかに自由に使い切って良いお金の枠を確保出来るから
  • ケチケチ生活をしないで良いから
  • 趣味に全部パート代を使っても良いように働けるのはありがたい
  • 72歳で飲食店でずっと長く働けるお店がある幸せ
  • 笑顔で接客することの生きている充実感

 

働いていればいくつになっても毎月コツコツと貯金が出来る!?

広告

 

 

72歳の友人は働かなくても生活はできます。

 

でもわざわざ大変な思いをして、1時間の通勤のあと飲食店にパートへ?

 

4万円ほどのパート収入があるであろう72歳の友人。

 

今働かなくても生活費は保たれています。

 

働いた分は惜しみなく使っちゃってます。

 

でも余ります。

 

生活費が年金などで保たれていれば、働いた分貯金が出来るんですよね。

 

何歳になっても働けばコツコツと貯金が出来ているのです。

 

これは気持ちに余裕が出来ますね。

 

生活するのにギリギリだから70歳過ぎても働いているという人も少なくない今の時代ですが、足りていても収入があると言うことはかなり精神的な安心感も出てきます。

 

週に2日間のパートは通勤することさえも楽しくプラスに思えるそうです。

 

80代になっても働いている女性も!

 

misapon.hatenablog.com

 

 

人間観察が出来る余裕。

 

おしゃれしたい気分にさせる通勤時間。

 

苦痛で働いていると言う感じを見せない、働くことに喜びやメリットを感じている72歳の友人の前向きな姿に10年後の私もそうでありたいと思ったのでした。

 

広告