シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

コロナワクチン、それでも打ちますか?

コロナワクチンを打って亡くなった日本人がすでに350人を超えていると言うことに驚きです。

 

ネットや週刊誌での情報なので、本当の詳細は厚生労働省が把握していると思います。

 

インフルエンザワクチンでの亡くなった人の人数よりもはるかに高い数字。

 

あまりにも早すぎるワクチン実施は、こんな結果も視野には入れてなかったためなのでしょうか?

 

20代から90代まですべての年齢層がコロナワクチンを打って亡くなっているとの情報。

 

副反応どころの話ではありません。

 

それでもコロナにかかって重症化するより、ワクチンを打ちますか?

 

広告

 

 

 

コロナワクチンを打たないと言う友人の理由とは?

 

私の友人は還暦前後。

 

コロナにかかったら重症化する年齢です。

 

ほぼみんなワクチンは打って安心したいという中、リスクが大きすぎると打たない予定の友人もいます。

 

ワクチンを打って、亡くなっている人の例がこんなにいるのに、また因果関係もわかってないのに、こんな危険なワクチンは打ちたくないと。

 

また、数年後、数十年後にコロナワクチンを打った人が何かしらのリスクを抱えることになったら怖くて打てないと。

 

あ~わかります。

 

コロナワクチンを打たないで、様子を見ると言う友人の理由とは?

広告

 

 

コロナワクチンを打った人が日本人の6~7割を超えたら、ほぼ新型コロナウィルスは収束すると言う噂。

 

それを知って、打たないほうを選ぶ友人。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

自分が打たなくても、周りが打って世の中が新型コロナウィルスが減少して来たら、「あ~、ワクチン打たなくて良かった!今後も安心だ!」

 

これは理想かもしれないですね。

 

できれば、亡くなるリスクアリのワクチンは打ちたくないですもの。

 

コロナワクチンを打つ本当の意味とは?

 

コロナワクチンを打つ理由は、コロナに感染しないと言うのが約95%だからというのが安心理由ですが、実はコロナに感染しても重症化しにくいと言うのがワクチンを打つメリット。

 

もちろん、デメリットも今回はかなりあります。

 

今までにないワクチンですし、治験もどこまでやったのかという不安。

 

でも、この手の治験や研究はいつもやっているそうで、初めてと言うのは大勢の人類に打つと言うことが不安要素が高いんですよね。

 

芸能人もまさかの重症化で命を落としました。

 

免疫が下がっていると、新型コロナウィルスに限らず、いろんな病気を抱えやすくなります。

 

まして、コロナだったので重症化してしまうと言う怖さ。

 

f:id:navimy:20200824132034j:plain

 

それを考えると、もしもコロナに感染しても重症化しないことを選びたいと思います。

 

そこを重視して、コロナワクチンを打つ、又はコロナに感染しにくい安心感でワクチンを打つ日本人。

 

それでも、コロナワクチンを打たない日本人。

 

どちらが良いのか...

 

広告