シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

60歳を過ぎた友達の断捨離、友人はいなくても良い?

60代になると、現役を退いたり、パート勤務に転職する人も出てきますよね。

 

そうなると、今までの仕事関係の友人との交流も極端に少なくなります。

 

で、老後このままじゃ友達が少ないからと増やそうとする気持ちが出てくる人も多いです。

 

ネットでも、シニアになっても孤独を回避するためには地域で交流を深めるような努力をしたほうが良いとさんざん言われてます。

 

でも、一部友達はいらない!

 

60歳過ぎたら友達をどんどん断捨離をして、必要なければ一人も友達はいらないと言う記事を目にしました。

 

60歳過ぎたシニア世代には友達は本当にいらない?

 

広告

 

 

 

60歳過ぎてからの友達がいらない理由

 

60歳過ぎたら友達は必要ないという人の理由としては、付き合いそのものが色んな意味であまりメリットを感じないからなのだそうです。

 

友人との交際は、お金、体力、時間を使います。

 

そして、そんな友人との付き合いが自分にとっていくらかでもプラスの意味のあるものなら良いけど、決してそんなことはないのだそう。

 

トータルの友人の中で、必要な人、いらない人ってきっといると思います。

 

そんな友人はどんどん断捨離すべきだと。

 

 

年賀状だけの付き合いだって、「今年こそは会おうね」

 

f:id:navimy:20210704124643j:plain

 

で、もう数十年も会ってない。

 

年賀状の金額と書く労力が無駄かもね。

 

自分一人、または家族がいれば不必要な友達はどんどん付き合わないほうが良いと言う理由も納得です。

 

友人がいない人はどのくらいいるの?

広告

 

 

友達がいなくて、寂しいという人。

 

心配しなくても大丈夫!

 

友達がいない人は全体の3割以上だそうですから。

 

友達がいると言ったって、心から信頼できる人はそうそういません。

 

自分よりも幸せな生活をしていることを知れば、同性の友人だったら嫉妬をしない人は神様のような人。

 

そんな人なら、大切にしたいですよね。

 

うわべだけの友達はたくさんいても、実際何かあったら頼りになるとは限らないんですよね。

 

 かえって付き合うことでマイナスの人もいますから。

misapon.hatenablog.com

 

 

でも、信頼できる友人だと確信すれば会う回数が問題ではないので、一生の友として切れない友情を継続したほうが良いとも思います。

 

友人よりも大切なのは伴侶

 

自分の身体も衰えれば、たくさんいた友人たちも年をとり、行き来をすることも出かけることも少なくなります。

 

結局は将来は自分の家族、伴侶が一番になります。

 

じゃぁ、伴侶がいなかったらどうなるの?

 

自分で孤独に強くなり、体が衰える前におひとり様でも生きていけるよう、介護関係のシステムを知っておかなくてはその時にアタフタしてしまいます。

 

知り合いも年をとって、結婚をしなかったものだから一人暮らしでケアマネージャーに来てもらい計画を立て、ヘルパーさんが来る日、ディサービスに行く日を決めています。

 

ディサービスに行けば、運よく同じくらいの年齢の人と会話を楽しんだり、ゲームをしたりお風呂に入ったり、友達がいなくてもそこで孤独を回避することは出来ます。

 

どっちにしても、ある程度の年齢になったら友人との付き合いは減ります。

 

友人の断捨離も少しずつしておくのは良いことだと思います。

 

 

広告