シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

おおらかで楽天的な人はガンになりにくいって本当?私は繊細さんだからリスク大!

おおらかで、何事にも動じない人、そんな人は免疫力が高く病気になりにくいのはよく言われてますよね。

 

 

なんとなく実感できます。

 

 

でもおおらかだからって癌になりにくいと言うニュースを見て、本当だろうか?

 

と思いました。

 

 

癌細胞は遺伝的なものもありますし、おおらかな高須クリニック院長だって全身がんで今苦しんでます。

 

 

私は繊細さんだから、きっと愛犬が亡くなってから免疫力は弱ってます。

 

と言うことは、癌になりやすいのかなぁ...

 

免疫力が落ちないように気を付けなければ!

 

広告

 

 

おおらかな人はガンになりにくいのは本当?

 

豪快でおおらかな人でも短命な人はいます。

 

 

でも、小さなことでくよくよ悩まない性格だと、多少病気もはねつけるのは事実だと思います。

 

すべてではないですが。

 

 

そうは言っても、はねつけることが出来ない病気は誰にいつどこでやってくるかわからないんですよね。

 

 

繊細ではなく、鈍感な人ほど何かあってもあまり悩まないとは言われていますよね。

 

だから病気をはねつけると言われているのかしら?

 

f:id:navimy:20201213190722j:plain

 

そんな元気な神経の持ち主はキラー細胞が病気をやっつけてくれます。

 

 

それでも、未知のガンは一概に言えないと言うのは、私の夫を思い出してもそう思います。

 

ちなみに、夫は小さなことでくよくよ悩まない包容力のあるひとでした。

 

繊細さんは病気になりやすい?

 

繊細さんは、HSPと言われ最近ではテレビでも良く取り上げられています。

 

隠れ繊細HSPの人が5人にひとりくらいいるとか。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

 

程度の違いはあれど、自分のした事で人の行動気にする人が意外とたくさんいると言うことです。

 

 

そんな神経の人は、精神的に弱いのかなと思うと、キラー細胞も負けてしまうのかなって思ってしまいます。

 

病気になりやすいと言うこと?

 

 

でも、これも一概に言えないんですよね。

 

世渡りが上手な人ほど病気になりにくい?

広告

 

私の知り合いの男性でも70歳で、世渡りの上手な人がいます。

 

 

調子良いなぁ、といつも思いますね。

 

 

そんな人は病気知ずなのかなと思いきや、意外と虚勢を張っているだけで弱みを見せたがらない。

 

 

世渡り上手に見えるけれど、実は繊細だからこそそう見せていると言うことがあります。

 

 

もはや、性格で癌や病気が身体に入り込んで来ると言うのは信じがたいです。

 

 

ただし、プラセボ効果と言って、たいそうな病気なのに、風邪薬を処方したら良くなった!

 

 

そんな精神的な摩訶不思議なこともありますね。

 

自分は病気にはならないぞ!

 

と思うことも大切なのかも。

 

 

そして、その後万が一病気になった時どこまで自分が落ち込まず乗り越えていけるかも第二の試練としての通り道でね。

 

 

人間いつか死にますが、おおらかさはやはり大事です。

 

免疫力が高まると言うのはまんざら嘘ではないとは思いますが、例外もあるという事。

 

 

繊細さんが病気にかかるリスク大と言うのも思いたくないですね。

 

 

広告