シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

企業年金をもらう未亡人驚きの年間の金額はいくら?私も少しあった!

企業年金は、会社がその制度に入っていればその社員は60歳になったらずっともらえます。

 

 

企業年金をおさめていた会社と、そうでない会社に勤めていた人は、ものすごい老後のお楽しみの差があります。

 

 

未亡人友は、先日企業年金が入ってくる年間の金額を知り、まさしくたなぼた!

 

 

企業年金は、厚生年金とは別に入ってくるのですから。

 

 

通知が来て初めて企業年金をもらえるとわかり、すごい喜びようでした。

 

 

私は昨年通知が来て、雀の涙ほど企業年金もらい始めましたが、公的年金以外にお金が入るって嬉しいです。

 

広告

 

 

長く企業年金を払っていたら月に数万円ももらえる!

 

友人は厚生年金を払っていた時代が企業年金の金額だと言いますが、40年もありません。

 

 

会社勤めは10数年だと言ってました。

 

 

企業年金としてもらえる金額を毎月に直すと3万円以上。

 

 

遺族年金プラス3万円ですから、それは大きいです。

 

 

私はと言うと、未亡人になってから会社勤めをしてませんし、年間3万円ちょっとです。

 

 

それでも毎月に直すと3千円が企業年金として入ってくるなんて、今になって知りましたので、すごくうれしいです。

 

企業年金をもらえることなんて、知りませんでしたから。

 

f:id:navimy:20190703153158j:plain

 

企業年金とは勤めていた会社が「確定給付企業年金又は、厚生年金基金」に加入していたら、もらえる制度です。

 

 

もらえるかどうか、・企業年金連合会

 

に問い合わせてください。

 

 

もらえるはずのお金がもらえなかったらガッカリですよ!

 

と言うか、まさしくたなぼた!

 

 

企業年金もらえるって初めて知って、嬉しかったですもの。

 

月3千円でも嬉しいもんね。

 

個人年金は毎月いくらかけてる?

広告

 

 

個人年金を掛けている友達も多いです。

 

金額をきくとだいたい2万円ですね。

 

 

ただし、今から20年くらい前とか、30年前とかから掛けているんです。

 

 

ですので、もらえる時には合計600万円には少なくともなるはずだということ。

 

65歳から75歳までもらうと言ってました。

 

 

月5万円?

 

その友人は企業年金が月に3万以上。

 

遺族年金は私よりも多い友人。

 

 

遺族年金の他に8万円かぁ!

 

 

どうやら何もしなくても20万円は入ってくるらしいですね。

 

もちろん今はパートで働いていますよ!

 

特別な職なので、時給もよろし。

 

 

65歳まで働く予定だそうです。

 

 

家賃かからないし、いったいいくら貯まるんだ?

 

 

って羨ましい限りです。

 

個人年金は何年間掛けている?

 

私は、老後に対しての危機感に気が付くのが遅かったため、個人年金は1万円しか掛けてませんでした。

 

しかも50歳から60歳、ついこの前までです。

 

やっと初めて1回目もらえました。

 

 

そして、年間13万円が10年間振り込まれます。

 

 

130万円の個人年金?(10年間だけです)

 

しょぼい。

 

友達は600万円だというのに。

 

 

もっと早く、例えば40代位のうちに2万円くらいずつ個人年金を掛けていたら年利も良かったですし、貯まり方も数倍違います。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

60代になってから個人年金は掛けられるのか生命保険会社に聞いてみました。

 

 

お客様、今から個人年金を掛けるのはやめておいたほうが良いですよ!

 

 

普通預金のほうが良いです。

 

今からじゃ、あまり意味ありません。

 

だって。

 

 

そうですよね。

 

普通の積み立てをして、少し老後資金を貯めようっと!

 

あ、今老後だったか?

 

広告