シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

人間いつか死ぬのはわかっているけど、こんなに続くと...

人間、生きているものはいつかあの世へいきます。

 

 

わかっているけど、生きている時は忘れています。

 

 

この世から自分がいなくなるなんて言う現実は、想定外だと思って生きている人がほとんどだと思います。

 

 

でも、100%死んじゃうんですよね。

 

最近また、友人の息子さんが亡くなりました。

 

まだ40歳前。

 

私の友人の子供が亡くなったのは二人目。

 

愛犬が2年前に亡くなっただけでも、私は苦しい。

 

夫が16年前に、友人は2年前に。

 

生きているって、もしかしたら奇跡なんですね!

 

広告

 

 

60代になると死ぬ現実がカウントダウン!

 

50代まで思わなかったのに、60代になって急にあと何年生きられるのかな?

 

と思うようになりました。

 

 

人生100年時代とは裏腹に、寿命というものもありますし、考えてもいなかった病気を患うことがあります。

 

 

もしも病気にならなくても、60代に突入したということは、あと平均で20年数年?

 

健康寿命までは10年ちょっと。

 

f:id:navimy:20201021084958j:plain

 

 

60代に入ったら、「あの世へのカウントダウンは始まったね!」

 

と友人と話す機会も多くなりました。

 

 

とにかく平均寿命までは頑張ろう!

 

 

それでもその時まではカウントダウンが近づいていると、初老ウツの一つなのかもしれませんが、怖く感じます。

 

 

病気をしたら...

 

治らない病気だと診断されたら?

 

 

考えないようにするには、毎日を忙しくして生きることしかないんですね。

 

 天国に行く瞬間は怖くないようになっているらしいです!

 

misapon.hatenablog.com

 

 

あれこれ嫌なことを考える暇を作らないことが、一番良いかもです。

 

あの世へ行った夫と友人、辛すぎる!

広告

 

 

10歳上の友人はタバコの吸いすぎか、愛犬が亡くなる少し前に肺がんで告知され3か月後天国へ。

 

趣味友のおじさんでしたが、ショックで仕方ありませんでした。

 

 

「俺、癌になっちゃったよ!」

 

と言われたとき、夫もそう言えば、「俺、癌と言われちゃったよ!」

 

と言ってた事を思い出しました。

 

 

でも、症状もそんなにあるわけではないし、本人も手術すれば治ると思ってました。

 

人間の終わりってあっけないですね。

 

 

夫は治ると思ってたのに、告知されて治療後7か月後に他界。

 

友人もまさかの他界。

 

 

友人が癌だと言われたと電話があった時、「大丈夫よ!今は医学が発達しているから!」

 

なんて励ましの言葉を言ったけど、そうではなかったんです。

 

 

奥さんから後で聞きました。

 

延命の治療しかできないと、夫婦そろって医師から伝えられていたと。

 

 

そんな辛い告知ってある?

 

 

明るい声で私に癌を告白した趣味友のおじさん。

 

まさかこんなことになるとは!と。

 

 

夫も同じ。

 

まさかの出来事でした。

 

皆、平均寿命まではまだまだなのに。

 

子供を亡くした友人の悲しみは計り知れない

 

最近また私の友人の息子さんが亡くなりました。

 

仕事中の事故。

 

まだ40歳前です。

 

そして、40年来の友人の息子さんも二十歳の時、交通事故で亡くなりました。

 

突然の悲しみの知らせ。

 

朝まで元気に普通にしていたのに。

 

 

子供が先に逝くほど辛いものはありません。

 

 

私は二年前の友人が亡くなった3か月後、愛犬を亡くし精神状態がバランスを保てなくなりました。

 

 

愛犬は自分の子供と同じですから。

 

友人とは1週間に一度会ってた10年来の付き合いのおじさん。

 

 

悲しみの極限に行くと、心臓が平常でいられなくなります。

 

ましてや、子供となると時間が解決するものではありません。

 

60代になって、命の終わりのことを考えることも多くなって来ました。

 

 

夫を亡くし、寂しいとか孤独とか思っているけど今こうやって生きていられることは幸せなんだとかみしめ、その時が来るまで明るく生きていきたい!

 

そう感じる今日この頃です。

 

 

広告