シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

キレる老人、被害者は孫ってありえるか?

キレる老人は多くなっただの、キレる老人の本が出ただの、怒鳴る老人が増えただの、なんだか最近の老人のイメージが良くないのは確かです。

 

しかしながら、今回は孫にキレて手をかけてしまった!

 

晩酌の相手をしてくれないって、自分の血を分けた孫にキレた!

 

頭がどうかしている!

 

最近、駅で怒鳴るおじいさん、銀行で大声を出すおじいさん、道をよけろと舌打ちをする老人。

 

なんでこんな風な世の中になったのか?

 

優しいおじいさんもいるのに、何がそうさせているのか?

 

広告

 

 

キレる老人は何がそうさせている?

キレる老人、本にもなりましたね。

 

買った人も結構います。

 

キレる老人は何があって、なぜそうさせているのでしょうか?

 

プライド?

 

f:id:navimy:20200915185815j:plain

 

自分が生きてきた過程で一番世間のことを知っているという自負?

 

キレたいのは誰でもある。

 

でも、そこでキレて本能を出したら周りがどう思うか?

 

味方する人はそうそういないでしょう。

 

自分が納得するために、そして人に反論させないために大きな声を出すのか?

 

今回は晩酌の相手をしてくれなかったという86歳の祖父がキレて孫を手にかけました。

 

愛する子供が産んだ子供が自分の孫。

 

でも今回は、息子の高校生の子供が犠牲になりました。

 

晩酌の相手に孫を?認知症も考えるべき!

広告

 

今回は、86歳の男性の妻が亡くなり寂しいだろうし、見てきてあげてくれないか?

 

と、高校生の娘に祖父のことを頼んだのは、高校生の父親。

 

今回犠牲になった高校生の孫は、泊まり込みでおじいさんのお世話をしたそうです。

 

どの程度のお世話かわかりません。

 

一緒にいてあげて、お料理、洗濯など家事のお手伝いをしたのかもしれません。

 

でも相手は86歳。

 

私ごとですが、私の母は85歳で認知が入ってます。

 

お金がないとか、昔のことを何度も話したり、いつも時計を見て「今、〇時だ!」と、1時間に何度も言います。

 

昔、苦労した時のことや、戦争などほとんど知らないのに大変だっただの被害妄想も入っています。

 

そう言ったことを考えると、個人差はあるものの86歳ともなると、理解能力も衰えてくるのも普通にありえます。

 

脳の萎縮も出てきます。

 

認知の親一人の面倒を見るだけでも大変だという昨今。

 

高校生の女の子が86歳の祖父と一緒に泊まって数日でも一緒にいるということは、葛藤もあったと思います。

 

私の母親のことを思うと、もしも同じような認知が入っていたら・・・

 

大変だったに違いないと思います。

 

キレる老人にさせないためにはどうしたら良い?

世の中、キレる老人ばかりではなく穏やかでいつもニコニコしているおじいさん、おばあさんもたくさんいます。

 

同居している家族がいるかいないか?

 

もしも、同居家族がいたら愛情をかける!

 

それしかないのかな。

 

相手が理不尽に怒って来ても、病気のせいだと思って受け止めること。

 

怖い老人に何回か私もあったことがります。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

なんで何回も謝っているのに・・・

 

そんな鬼のような顔をしてまで怒鳴って相手を怖がらせる必要があるの?

 

と、感じたこともありました。

 

私は「きっと今の生活に幸せを感じてないんだな」

 

と、思うようにしましたが、怖かった!

 

実際私がイケなかったのですが。

 

そこまでキレなくてもいいんじゃないのか?

 

と思た次第です。

 

広告