シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中新型コロナウィルスに感染したらアビガンを飲む?その代償は大きすぎる!

妊娠中にもしも新型コロナウィルス感染したらどうしよう!

 

と、考えている妊婦さんは多いはずです。

 

今日ある人づてに聞いたと言う妊婦さんからから出た恐ろしい話です。

 

「もしも妊娠中に新型コロナウィルスに感染したら自分の命をとるためにアビガンを飲むこと!その副作用を考え、胎児はあきらめることです!」

 

誰から聞いたかは、定かではありませんが妊婦がアビガンを飲んだ場合は自分の命を守るために何かしらの代償があるということです。

 

妊娠中新型コロナウィルスに感染したら妊婦さんは自分の命を守り、アビガンを飲む!?

広告

 

 

どうか、新型コロナウィルスに感染しませんようにと、神に祈るしかない妊婦。妊娠初期、中期にもしも新型コロナウィルスに感染してしまったら・・・?

 

後期なら重症化しないと、厚生労働省のホームページには載ってます。

妊娠初期中期は感染したらどうなるか載ってません。

 

ただ、妊娠中にアビガンを飲むと奇形の胎児がお腹の中で発症してしまうリスクは否めません。

 

妊娠していたら重症化になりやすい!

 

でも、アビガンは重症する前に飲まないとあまり効果は期待できないのです。

 

そうなると、自分の命を優先して妊娠をあきらめるということになってしまうつらい選択をしなければなりません。

 

 

f:id:navimy:20200425220631j:plain

アビガンは重症化する前に飲むと、良く効くと言われています。

ただその副作用は、妊婦さんにとってはとても辛い選択をしなくてはなりません。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

私は間接的に聞いたことですが、妊婦さんはアビガンを飲めない!

飲んだら、何かしらの影響がある。

 

軽症ですむなら、アビガンを飲まないで良いのか?

でも妊婦さんは新型コロナウィルスに感染したら重症化しやすい!

 

そうなる前に、感染してしまたらアビガンを飲むという選択をしないと自分の命を守ることが出来ない。

 

そんな話を人づてにどこかの産婦人科医が言っていたと、ある妊婦さんから聞きました。

 

だから出産するまで新型コロナウィルスに感染するわけにはいかないと。もしも感染してしまったら赤ちゃんをあきらめるしかないのだと。

 

ただこの話は、人づてに妊婦さんも間接的に聞いた話なので、無責任かもしれませんが真相ははっきりとはわかりません。

妊娠中新型コロナウィルスに感染したら妊婦さんと胎児はどうなる?

広告

 

日本でもありましたが、新型コロナウィルスに感染した妊婦さんが出産し、その赤ちゃんも新型コロナウィルスに感染したと!

 

ただ、お腹にいる時期が短い場合は赤ちゃんにそんなに影響はないのかなと私は思ったのですが、怖いのは妊娠初期、中期に新型コロナウィルスに感染した場合がデータが無いだけに怖いのです。

 

先日の記事にも書きましたが、「もうすぐ出産する妊婦さんに産婦人科医が新型コロナウィルスに感染してなければ、出産は心配ないでしょう」

 

と言っていたのをテレビで見ました。

厚生労働省のデータにも妊娠後期のことしか書いてありません。

 

何しろ初めてのことですから、このウィルスにたいしては妊婦さんのデータが取れないのです。

 

わかっているのは、妊娠中は副作用を考えるとアビガンは飲めない!

そして妊婦さんが新型コロナウィルスに感染したら重症化しやすいということです。

 

妊娠中新型コロナウィルスに感染しないためにはどうしたら良い?

広告

 

誰もが自分はいつ感染するかわからないと、不安です。

 

妊婦さんも気を付けていても、感染してしまう可能性はあるのです。

絶対に新型コロナウィルスに感染しないようにするには、隔離しかありません。

 

家から一歩も出ない!

食事は誰かに運んでもらう。

 

誰一人と接触をしないこと。

それしかないのです。

 

でもそんなことはできませんよね。している妊婦さんもいませんし、妊婦健診にも行かなくてはなりません。

 

出来ることと言えば、人と会うことを最低減にすること。

外出した後は、手をアルコール消毒又はハンドソープで20秒以上洗うこと。

 

顔をなるべく触らないこと。

妊飲中新型コロナウィルスに感染したら、アビガンを飲むことだけは避けたいですよね。

 

その代償は大きすぎますから。