シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

立川志らくと同じように年の離れた嫁の浮気は、妻側のストレスも原因!

立川志らくの元アイドルの嫁が弟子と浮気をした!

と世間では騒がれていますね。

 

これは夫側も妻側も年が離れている分、精神的な努力が夫婦として必要なんです。

10歳以上も年齢が離れていれば、当然同世代とは話にギャップが出てきます。

 

芸能人はありがちなことですが、年の若いお嫁さんをもらうほどステータスが高く見られるという傾向があり、ちょっとした自慢にもなるようです。

 

でも、年下の嫁としては夫の地位に惚れたという部分も無きにしも非ず。

 

気を付けなくてはならない年下嫁の浮気について、語ろうと思います。

 

 

浮気をする妻の理由

広告

 

妻が浮気をするのは、昔からあったことだと言います。

 

もちろん、家庭円満だったらそんなこともないでしょう。

 

でも中には、優しい夫がいても別の男性に恋心を抱く妻もいます。

 

そこで気落ちだけで抑えられる人と、そうではない人がいます。

気持ちだけなら、良いんです。

 

でも、実際に浮気をしてしまう妻も世間にはたくさんいます。

そこには浮気をする理由があります。

 

f:id:navimy:20200305232442j:plain

 

今回の立川志らくのお嫁さんのように年の離れた妻の浮気もあるのです。

 

それは、やはりどうしても同世代と同じような意識で夫婦としていられず神経が休まらない、話が合わないなど様々。

 

昔もアナウンサーで後輩と上司が結婚をして結局別れましたが、結婚してもずっと「上司」としてしか見ることが出来なかったと言ってました。

 

家庭内では会社にいる時と同じで、穏やかさのある明るい家庭を保つことは出来なかった!

 

と、その女性アナウンサーは言ってました。

 

年の離れた妻を持つと、そんな結果を産むこともあるのです。

今回の立川志らくの妻の浮気の理由ははっきりとはわかりません。

 

でも、温厚な立川志らくは1億%離婚することは今回の件ではないと、話してます。

 

それほど妻を愛しているのでしょう。

年が離れていて、会話のギャップがあろうと、愛や情があればきっと大丈夫です。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

また、今回の浮気したという噂もどこまでが本当なのか?

週刊誌の見出しだけだと、はっきりとしたことはわかりません。

 

なぜ妻は浮気をするのか?夫は妻にどうやって接したら良い?

広告

 

年下の妻をもらったのだから、自慢の妻だと周りに言うだけじゃ妻だって「飾りじゃないのよ、私は」

と思います。

 

まして、世間では年の離れたおじさんとは結婚したいと本当に思って結婚した人ばかりではありません。

 

女性の私から思うには、ぜったいに同世代。

とは言うものの、亡くなった夫とはかなり年齢が離れてました。

 

それなのに、年齢の離れた亡くなった夫と結婚したのは愛情の深さです。

どんなことがあっても私を守ってくれる!

 

それが全てです。

趣味が違おうが、話に多少ずれがあろうが愛をすべて私にかけてくれました。

 

でも今から結婚する場合は、そんなに年齢が離れていたら相手の介護になってしまいます。

 

愛を与えてくれて若いころから一緒だったからこそ、相手が病気になっても介護をする気にもなるのです。

 

年下の妻に浮気をしないで欲しいと思ったら、全力で妻を守るというところを見せること。

 

言葉だけではだめです。

守ってくれる大切な夫がいるとわかれば、妻は絶対に夫を裏切りません。

 

家庭円満の秘訣

広告

 

熟年結婚をしても家庭円満でいられるのは、お互いを干渉しないことと言われています。

 

もちろんそれも大切です。

でも、私は休みの日など一緒にスーパーに買い物に行って一緒に料理をして日常の平和があればそれが一番の幸せだと思ってます。

 

もう、刺激はそんなにいりません。

 

夫婦仲良く円満に暮らしていくには、干渉をしないことも大事ですが相手にストレスを与えないことも大事です。

 

自分が今いることで、妻が忙しいかなと思えば一人で出かけたり。

妻も友人と出かけたり。

 

ずっと二人で一緒にいるのが円満な夫婦もいます。

夫婦それぞれ違います。

 

一緒になってみなくてはわからない場合もあります。

 

寝室は一緒が良い夫婦。

 

寝る時くらい、別々に寝たい夫婦もいます。

 

どちらにしても、お互いがストレスを与えないように何気ない日常を過ごすことが出来れば、夫婦円満でいることが出来ると私は思います。