シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアハウスにして稼ぐ私の老後の資金対策!

貧乏未亡人は辛いよ。

 

61歳にしてまだ働いているもんね。

健康のためでもあるけど、やっぱり将来の資金不安を無くすため。

 

両親は頑張って生きてくれてるけど、やがて私一人の家になってしまう。

古いけど、広い家。

 

住もうと思えば、6人は楽勝。

だから将来は、シェアハウスみたいにして稼ぎたい!

 

そしたら寂しくないし。

シングル同士の同居。

 

私は大家さん的立場。

そんな美味しい話は夢物語かな。

 

 

おひとり様はシェアハウスに住みたいの?

広告

 

私の友人も、シングルの人はたくさんいます。

離婚、夫が亡くなった人。

 

そんな友人と話をすると、シェアハウスの話にもなってきます。

「早くシェアハウス作ってよ~」

 

f:id:navimy:20200211204944j:plain

 

私、今は無理だよ~、親いるし。

と言いながら、構想を練っています。

 

キッチン、お風呂、リビング共同。

自分の部屋は完全プライベート。

 

きっと、シェアハウスだから安い!

光熱費込みで、4~5万円?

 

3人もいれば、私のふところは温かい。

でもデメリットもありますよね。

 

芸能人もシングル同士でシェアハウスを作って、老後は一緒に住もう!

そんな話をしている人も多いんですよね。

 

シェアハウスのメリットとデメリット

広告

 

シェアハウスは、家賃も安いし孤独感も薄れます。

年齢が高くなるほど、人恋しくなります。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

同性で十分。

そんな気持ちになるんです。

 

男はいらん!

同じ屋根の下に人が住んでいる安心感。

 

これが一番。

でもメリットがあれば、デメリットもきっとあります。

 

メリットは家賃が安い。

寂しくない。

 

 

住んでみないとわかりません。

たぶん、キッチン、入浴あたりかな。

 

シェアハウス何人いれて、いくらもらう?

広告

 

もし、シェアハウスを作るなら適度に部屋の改装をしなければなりません。

 

いくらかかるのか?

200万円?

 

一人から一か月いくら家賃もらうか?

5万円もらって、1年で60万円かぁ。

回収するのに、3年かかる。

 

2人だったら、3人だったら?

 

1年で元を取るには、一か月15万円以上の家賃収入が必要。

3人くらい、コンスタントに入ってくれれば、2年目の途中からプラスが生じるけど・・・

 

改装にそんなにお金をかけなければ、良いんだ!

数十万円でやって出来ないことはない。

 

家賃を安くするのだ!

働かなくなっても、遺族年金にプラスになれば良いのだから。

 

そんな簡単に考えている私。

親も当分生きそうだし、私はシェアハウスを作ろうと思ったころにはそんな気力もなくなるかな。

 

未亡人は65歳からぐっと遺族年金がグッと減ってしまう人が多いんです。

寡婦年金約59万円が入ってこなくなるから。

 

だから、65歳でも働き70歳になったら自分の老齢年金をもらって少しでも年金を据え置き遅らせるという考えを持っている友人もいます。

 

65歳から70歳までも絶対に働き、自分の年金をもらうことを遅らせればそのぶん多くもらえるという手もあります。

 

でもずっと収めてきた自分の年金。

もしももらわずにあの世へ行ってしまったら、もらわず損。

 

65歳からの年金の心配をしないように、シェアハウスをと考えている私だけどいつになることやら。

 

今は親を少しでも長生きさせなければ。