シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

シニアのダイエットは老ける!60歳過ぎたら糖質、ロカボダイエットは危険!

シニアになっても綺麗でいたい!

 

よく検索されているのが、50歳綺麗な女性になるには?

60代でも綺麗な女の人とは?

 

綺麗イコール色んな意味がありますが、その中でもダイエットをやり痩せて綺麗になりたい女性こそ、綺麗の基本と考える風潮があります。

 

私の知り合い、ブームを起こした時期があったロカボダイエットをしました。

 

その結果はいかに?

 

ロカボダイエット、糖質制限ダイエットは熟年向きではない!

 

広告

 

炭水化物はダイエットの敵!

まずは、おかずを食べてもごはんやパンなどの主食は抜こう!

 

そうして糖質ダイエットは流行りました。

現に痩せます。

 

ただ、ロカボダイエットや糖質制限をしたダイエットには反対意見の専門家も多いです。

 

私は専門家ではありませんが、ダイエットをするにはどうしたら良いのか?

というエステサロンも経営しています。

 

ちなみに、フェイシャルが得意ですが・・・

なんちゃって!

 

ダイエットはですね。

主食を抜いたら、エネルギー不足になります。

 

若ければ良い。

でも、中高年はエネルギーがなくなったらどうなっちゃうか?

 

力が入らなくなり、顔もげっそり。

免疫も落ちてしまいます。

 

私の知り合い、このダイエットをしたら体重は減ったけど毎日だるさが取れなかったといいます。

 

良い睡眠もとれなかったそうです。

 

糖質を抜いたために、お腹が減ってストレスがかかってしまたのですよね。

 

 

中高年におすすめダイエットとは?

広告

 

食べなきゃ痩せるんです。

そして、食べたいから、運動をする!

 

運動さえしていれば、多少多めに食べても安心だ!

 

ナ~ンテ思いがち。

でも、運動で体重が減るというのは、ナンセンスです。

 

もちろん、代謝は良くなります。

ジョギングなどの有酸素運動をしていれば、消費カロリーも多少は落ちます。

 

f:id:navimy:20200118221152j:plain

 

無酸素運動の筋肉を付ければ痩せる?

確かに、筋肉を付けるほど痩せやすい体質になります。

 

でも何と言っても、痩せたいと思ったら食事が基本。

 

あのライザップだってそう。

今日は何を食べましたか?

 

と、メールで食べたものを写真で送るのです。

ライザップだけではありません。

 

大手のエステサロンでダイエットする場合も同じです。

昨日、おととい、そしてこの一週間何を食べましたか?

 

嘘はつけません。

本当に言われた通りの食事をしていれば、体重は減るはず。

 

それが減っていないとなると、「おかしいですね、他に間食してませんか?」

この食事が本当ならば、絶対にダイエット出来ているはずです。

 

と言われるのです。

そこで、若い人向けのダイエットと熟年のダイエットは同じにしては危険。

 

ライザップにしてもサロン系にしても、栄養を考えての食事指導をしてくれます。

一人で糖質制限ダイエットをしては、危険なのです。

 

顔も老け込みます。

炭水化物を抜いたダイエットをしてげっそり顔が細くなった知り合いもいます。

 

若くない人の場合は、ダイエットはよ~く栄養のことエネルギー不足にならないようなダイエットをしないと体調に響きます。

 

綺麗になって痩せた60代女性はどんなことをしてますか?

広告

 

シニア世代になっても、ダイエットを成功して綺麗になった女性もたくさんいます。

 

痩せただけでは綺麗に見えません。

 

頬はこけ、シワは増えてテロテロなボディのお肉に変身し、おばぁさんになってしまいます。

 

そうならないために綺麗に痩せる秘訣とは?

筋肉を増やすこと。

 

それは適度にね。

食事で綺麗に痩せましょう。

 

コラーゲンがたくさん入った食事。

鶏手羽、魚や肉を煮たにこごり。

 

ゼリーは動物性のものから抽出したもの。

寒天と似てますが、物は全く違います。

 

本物ゼリーになる食材を摂って、食品添加物を食べないようにします。

ハムやベーコンを食べるなら本物の肉を食べたほうが良いです。

 

そして、食べる時間帯と消費カロリーと摂取カロリーのバランス。

60代で下記のこんなダイエットし綺麗になって成功した人もいます。

 

misapon.hatenablog.com

 上記の記事はとてもアクセスが多いのです。

グーグル、ヤフーから検索もされています。