シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

一人で寂しくなくなる方法は?孤独感を感じない人との違いは何なのか?

私はいつも寂しい寂しい・・・

 

と友人に話してます。

なんでよ~!

 

友達いるし、寂しくないじゃん?

 

娘だって、孫だっているでしょ?

 

そう言われてるけど、でもでもダメ。

 

常に孤独感を感じるのは個人差?

 

近所の同世代で母子で住んでいた女性がいます。

 

そのお母様はかねてから心臓にステントが入っていましたが元気でした。

 

なのに、朝起きたら返事がないことに気が付いた娘。

 

母急死です。

 

私と道端で話をすることもあるその女性。

 

「母が亡くなったからと言って、さほど寂しさは感じないのよ。」と。

 

え~?

 

それって個人差?

 

 

寂しさを感じやすい人と、感じにくい人の差がわからない

広告

 

昨年愛犬を亡くした私。

 

心療内科で薬をもらって、心を不安定から取り除く薬を処方してもらってました。

 

それでも1年間に10キロ体重が減りました。

 

 

15歳ちょっと。

 

f:id:navimy:20191006122739j:plain

 

人間でいえば高校生。

 

子供と同じ感覚で思っていたから、昨年の愛犬の死から立ち直るのにまだ抜け出せてません。

 

 

同じく愛猫を亡くされた人は、「最初は寂しかったけど1年も経つと寂しいなんて感じなくなったわよ」

 

やっぱり、人によるのか私は弱いのか?!

 

でもペットであれ人間であれ、そばにいた存在が急にいなくなると寂しさは同じ。

 

 

あまり寂しさを長引かないでいられる人との差って、なんなのか知りたいです。

 

身内を亡くす辛さも個人差があるの?

広告

 

先ほどの女性もそうですが、母親を亡くしても最初のうちだけ寂しさはあったけどもう全然特に何も感じない。

 

慣れたのかなぁ・・・

 

って、言ってました。

 

まだ8か月くらいだけど孤独感を感じないって人によってそんなにも違うのかなぁ。

 

 

うちの毒親で認知症の両親は、手がかかるけど亡くなったら私はいったいどう思うのか?

 

やはり知り合いの女性の話です。

 

すでに早く父親を亡くし70代の母親の看病をしつつ仕事に行っている方も、同じく母親が亡くなった時は寂しくなかったと。

 

それは看病と、常に母親の病状の心配から解放されたことがそう思わせたのか?

 

「正直、母が亡くなってホッとしたのよ」

そう話していました。

 

その女性は40代でバツイチ、成人した息子もいるから寂しくないのかもしれないけど今は一人暮らし。

 

お母さんのことを思い出すということも特にないそうです。

 

それより、母が亡くなり息子もそろそろ結婚して家を出たし・・・

 

再婚相手でも探そうとも思ったりするけど、今は一人が気楽なの。

 

一人が気楽なのは確か!

 

でも、大きな家に一人で住んでて寂しくないって、私もその強さが欲しい。

 

一人でも寂しくならない克服法を模索中!

広告

 

手がかかる親でも、いずれそう遠くないうちに亡くなります。

 

そうなったら、もっと孤独を感じるかも。

 

それより、ホッとするのかしら?

 

娘たち家族は、娘たちの家族で一つ。

 

私は別家族。

 

自分一人でも孤独を感じないよう克服法を見つけなくては・・・

 

趣味見つけたら?

 

友人増やしたら?

 

そうすれば、寂しくないよきっと!

 

というのが一般的な答えですよね。

 

でも趣味もあるし、友人もそこそこいます。

 

misapon.hatenablog.com

 

それでも急に襲ってくる不安感、孤独感、寂しさ。

 

これは愛犬の死がきっかけで大きく寂しさの感情が増したのかもしれない。

 

どうしたら、寂しいと思う気持ちを無くすことが出来るのか?

 

人間死ぬときは一人だし、みんな孤独なんだよ!

 

と、聞いたことがあるけど。

 

色!

明るい色を着ると少し気分も違ってくるということも知っているから、明るめの色のものを身に付けるようにしてます。

 

でも、まだダメなんです。

 

今日のはてなブログは私の寂しさのはけ口になってしまいました。

 

 

心が不安定な時に誰かに話を聞いてもらうと、少し不安感が和らぐ!

 

というのは、心理的に生じるんですよね。

 

ブログに書いて、読む人に取って不快感を与えてしまったかも・・・

 

今日のブログを読んでくれた方、ごめんなさい。

 

そして読んでくれてありがとうございます。