シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019そうだ夏の京都に行こう!ロケ地や定番おススメの場所は?

2019初夏の京都に先日行ってきました。

 

着いてから知ったお寺の一つが、「そうだ京都に行こう!」のロケ地。

 

いやぁ、駅から歩きました。

 

一緒に行った友人が、今回の「そうだ京都に行こう」の場所はここなんだよ!

と教えてくれて、びっくり。

 

2019年の京都のポスターのロケ地は祇王と常寂光寺です。

 

 

そして有名でよく知られているお寺より人が少なく穴場です。

 

とても綺麗でした。

 

今回京都に行って来た場所をご紹介します。

 

 

京都に着いたら願いが叶ったお礼参りの東寺へ

広告

 

京都に着いたら、すぐに京都駅から歩いて10分ちょっとの東寺へ。

 

東寺へはお礼参りでどうしても行きたかったのです。

 

理由は願いが叶ったから。

 

次女の赤ちゃんが授かりますようにと、東寺でお祈りした二年前。

 

祈りが通じたのか、結婚8年目で出産することが出来ました。

 

そのお礼に東寺にまずは行きたかったのです。

 

京都へ行ったらいつも賑やかな清水寺や伏見稲荷、嵐山、高台寺、宇治方面に足が向いてしまいます。

 

f:id:navimy:20190708231633j:plain

 

賑やかなのは楽しい気持ちになってそれはそれで良いと思いますが、あまりにも混みすぎて伏見稲荷の時は途中で引き上げてきてしまいました。

 

少し時期をずらして行くほうがい場合もありそうです。

 

本当は今回もモミジのころに行きたい思いもありましたが、激込みなのはわかってましたし、いいや初夏に行ったことないし!

 

ということで今回は7月初めの京都旅行に行ったのでした。

夕飯は先斗町、夜はオールディズのライブハウス

広告

 

京都の午後は錦市場で散策。

 

ここは京都に来たら是非よってみると楽しいです。

 

歩きながら食べられるものもけっこう売ってます。

 

夜にかけては祇園で京都らしい夜道を歩くのもおつです。

 

そしてねねの道を歩き、高台寺のライトアップを見るのも素敵!

 

今回は高台寺へは寄りませんでしたが、高台にあるので上に行くのはちょっと高いヒールの靴は大変かも。

 

景色は圧巻です。

 

夕飯は何と言っても先斗町。

 

先斗町では食事をするところがたくさんあって迷ってしまいます。

 

和食あり、イタリアンあり、京都のおばんざいあり、お豆腐懐石ありなんでもありますね。

 

でも行くところは私はいつも決まってます。

 

和食のお店。

 

カニ釜飯が美味しいところです。

 

茶碗蒸しもぐじの炭火焼きも美味しかったです。

 

たっぷりと2時間近く食事をした後はオールディズのライブハウスへ。

 

大好きなんです。

 

リクエストも10曲くらいしました。

 

例えば「レットイットビー」「青い影」「レッツツィストアゲイン」「キャラバン」「アンチェインドメロディ」「コーヒールンバ」など等。

 

素敵な夜は終わり、ホテルへと帰りました。

 

次の日は嵐山で散策、渡月橋

広告

 

次の日は新幹線が16時頃でしたので、どこに行こうか決め「そうだ京都に行こう」2019年のロケ地へ行ってきました。

 

意外と駅から遠かったのですが、素敵な場所で人も少なくて是非行かれたら良いと思います。

 

 

 そうだ京都に行こう公式ページより引用させていただきました。

 

ゆったりとした時間が流れます。

 

この場所を今回のロケ地に選んだ理由はなんだろうなと知りたかったです。

 

京都はお寺がたくさんあるので、選定の仕方が気になるところです。

 

清水寺と嵐山どっち行こうかと良いことになりましたが、坂を登るのはちょっと疲れてしまったので平面で行こうということになり嵐山へ。

 

もう何度も行ってるのですが、初夏の嵐山は初めて。

 

時期的に特に何もないけど、人は多いのかな?

 

人が多いと歩けないくらいになる渡月橋のあたりです。

 

嵐山へは電車を乗り継いで行き、周りを見渡してみました。

 

外国の方がやはり多かったですね。

ソフトクリーム、コロッケ、湯葉チーズを食べ歩きして嵐山駅~渡月橋を散策しました。

 

お土産を買い、京都駅まで乗り継ぎ新幹線で家路へと帰ってきました。

 

愛犬が亡くなって1年。

 

 

misapon.hatenablog.com

 

 

この1年は寂しく辛かったけど、やっと旅行に行ける気持ちになったので写真を持って、楽しく京都を旅してきました。