シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

60代おひとり様は女性寝る時一人でも寂しくないの?

ふわふわなペットちゃんが一か月前まで横にいた私。

 

ちんみにこのブログは今から数か月に書いて、更新できていなかった記事です。

 

今はペットちゃんいない。

 

誰もいない。

 

 

ひとりで寝ている孤独。

 

朝起きれば、白い愛犬を抱っこしておはようと言ってたから

おひとり様でも一人で寝てても寂しくなかったのに。

 

 

今は夜中まで眠れなくて、そして早朝には早む目覚めてしまっていつ寝てるんだ状態。

 

60代おひとり様寝る時一人で寂しくてうつ状態。

 

こんな時、誰かが横で寝ていてくれたら心臓の鼓動も安定しているんだろうな。

 

それは別に男性じゃなくったって良いんだ。

 

 

子供でも同性でも誰か人間が横で寝ていてくれれば。

 

横じゃなくても同じ家のどこかにいると言うだけでも違うかもしれない。

 

 

老人ホームは孤独感を癒してくれる?

 

f:id:navimy:20181219183705j:plain

 

離婚した60代友人が将来老人ホームに入るためにせっせと働いて貯金をしています。

 

娘夫婦と一緒に住んでいますが、事情があってずっと一緒に住めないからだそうです。

 

本当だったら娘夫婦と一緒に住めるなんて最高なのに。

 

パートの掛け持ちを3つしてますよ。

 

 

6代後半で想像するに、1500万円位の貯金があれば何とかなる?

 

といったところです。

 

1,500万円で老人ホームに入るとなると、頭金は何とかなっても毎月の維持費は足りません。

 

その女性は寂しいから孤独感があるから将来老人ホームに入るというのが、目的ではないんですよね。

 

今のまま娘夫婦のところに同居が不可能だからなんです。

 

きっと今は寂しくないともいます。

 

 

一緒に買い物も良く行っているそうですから。

 

老人ホームに入れば、人がいっぱいいてきっと寂しくないでしょうね。

 

健康面でもフォローしてくれますし、食事も出してくれるので安心です。

 

みんなで交流も出来ます。

 

ただ家族ではないんです。

 

血のつながりはないから、その点は孤独感はどうなんだろうと思います。

 

 

時々、事情があって一緒に住めない家族が会いに来てくれたりするのかしら?

 

一生独身のおひとり様も当然います。

 

将来は誰にも分りません。

 

ただたった一人で年老いて一人暮らしで一人ぽっちで寝るのは寂しい。

 

私あそうなりたくないなぁ。

 

 

でも、家族で暮らしていても子供たちはやがて独立します。

 

やがて夫婦だけになり、片方が先に逝けばどちらかが遺されます。

 

どっちにしても残された人はおひとり様になるのかぁ。

 

 

それが遅いか、早いかの問題?

 

さて、私は明日は面接してきますよ。

 

支障のない、早朝のパートです。

 

孫の面倒の支障がない時間帯と曜日、もう一つの仕事に支障がない時間帯。

 

難しいよね。

 

おまけに年齢的に甘くないかも。

 

一応電話で年齢を伝えました。

 

「お若いじゃないですか!」

 

お~、そう言ってくれたのは声から言うと声だけは30代か40代に聞こえたのか?

 

どう理解をしてよいのやら。

 

 

ただ仕事内容から言うと、私の年齢でもまずまず問題はないかと思います。

 

が、他にもっと融通のきく人材で若い人が面接に入って来たら、私は落とされるでしょうね。

 

とりあえず、明日は行ってきます。

 

そうそう、今日はこれからニトリで買ったソファが届きます。

 

 

愛犬と思い出があったソファを処分して新しのを購入しました。

 

何も新しいのを買うことをしなくてよいのに?

 

なんだかね、思い出されるのよ。

 

ずっとここに座っていたし。

 

汚れてきたし、へたってきたし取り替え時期なのです。

 

このソファはソファベッドにもなるので、リビングに置いたらそのまま愛犬のことを思い出しながら寝てしまいそうです。

 

 

10年前なら、こんなにペットロスも酷くなってないのかな。

 

60代近いせいもあって、孤独感も強く出てきて愛犬の死も重なって私の心は壊れてしまったのかな。

 

あ、早朝のパートは孫の面倒を見ることになり難しくなりました。 

 

 

misapon.hatenablog.com