シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

古村比呂さんにみる乳がんの抗がん剤副作用と効果は個人差がある

シニアおひとり様みさぽん日記を書いていますが、今回は癌と抗がん剤について触れたいと思います。

 

古村比呂さんが乳がんを再々発をして、今抗がん剤治療をされています。

 

抗がん剤治療は正常な細胞をも攻撃してしまうことはよく知られていますし、かなり体力を消耗させてしまいます。

 

私も身近な人間が癌になり、代表的な抗がん剤TS-1治療をしばらく続けていたものでした。

 

友人も何人か乳がんで抗がん剤治療をしてます。

 

その中で抗がん剤治療は、副作用はやはりきついだけではなくほかの臓器に支障をきたしてしまうこともあります。

 

ただ効果はやはりすごいです。

 

今日は抗がん剤治療をした友人の体験談にも触れて記事を書いていこうと思います。

 

応援クリック、ありがとうございます♪

     ↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 

抗がん剤を乗り越えた癌サバイバー

 

f:id:navimy:20180730220904j:plain

私は医療関係のものでもなんでもありませんが、身内を癌で亡くしています。

 

そして乳がんの友人がいたり、友達の母親が乳がんだったり。

 

そのほかにも癌を経験している友人がけっこういます。

 

考えてみたら、癌サバイバーが身近にたくさんいるのです。

 

癌サバイバーとは、癌になって治療をして寛解又は完治した人たちを言います。

 

5年または10年で再発をしなければ、安心ゾーンに入ると言われています。

 

今は10年とも言われています。

 

抗がん剤を使った治療をした癌がみるみる消えていったことを聞いて、やはり抗がん剤は副作用だけが悪者になってはいけないのだと感じました。

 

抗がん剤を途中でやめてしまった人もいます。

 

抗がん剤の副作用で肺の調子が悪くなったそうなんです。

 

副作用は人により、出方はさまざまです。

 

古村比呂さんの抗がん剤副作用

 

古村比呂さんの今回の抗がん剤の副作用はメールが打てなかったり、手のしびれが出てきたりですが、こういった副作用で悩む方は多いです。

 

その他の抗がん剤の副作用として、皮膚の色が黒ずんだり、気持ち悪くなったりします。

 

私の身内も嘔吐がすごかったです。

 

それでも本来の癌が小さくなる又は消えてしまうならと、頑張って抗がん剤治療をしました。

 

また私の友人は、乳がんの再発をなぜか半年後すごい大きさで発見されました。

 

その女性はTS-1を飲んでますが副作用を感じないためにサプリメントを飲んでいるようです。

 

詳しくはわかりませんが、ネットワークビジネスの商品のようです。

 

プラセボ効果もありますよね。

 

これを飲めば、絶対に大丈夫!

 

そのサプリ飲み始めて全く抗がん剤の副作用はないのだそうです。

 

抗がん剤治療をやめた友人と抜群な効果があった人

 

ステージ3の乳がんになり、リンパまで癌が見つかった友人は手術と抗がん剤、放射線治療をしました。

 

今は何もしてません。

 

手術から3年。

 

最初のうちは抗がん剤のハーセプチンを飲んでました。

 

どうも合わなかったそうです。

 

他の臓器に支障が出たそうです。

 

それは個人差があるようです。

 

たまたまその友人には合わなかったのです。

 

「もしも、今度再発したらその時に治療すればいいわ」

 

騒いだってしょうがないという気持ちなんですよね。

 

もう一人の友人の母親は、やはりリンパまで転移している乳がんです。

 

手術して癌も落ち着いたのでいったん抗がん剤をやめました。

 

ですが、また目に見えて癌が皮膚の上からわかるようになって来ました。

 

そこで抗がん剤のTS-1を復活させました。

 

飲んだら、皮膚から見えていた癌は消えていったそうです。

 

すごいですね。

 

やはり抗がん剤の効果は素晴らしいのですね。