シニアおひとり様みさぽんブログ

夫も愛犬も亡くなって時々寂しくなるけど、そんなときは美味しものを食べてお出かけ。シニア世代前後60代の生き方ブログを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ペットロス初めての月命日、時間が解決してくれたの?

今日は愛犬が亡くなって初めての月命日。

 

人間でも犬でも月命日って仏教では言うそうです。

 

動物苑に行き、お線香をあげてきました。

 

あれから一か月毎日6、7匹くらいのペットちゃんが亡くなっているそうです。

 

ペットロスになって私の精神状態は、一か月経ってどう変化しているかと言うと?

 

精神安定剤を飲みだしていますので、少し安定していると思います。

 

もしも辛さを我慢していたら、まだ不安感は強いまま。

 

動物苑のオーナーの方、一か月じゃ無理ですよと言ってました。

 

ペットロスを克服するには個人差ありますが、数か月半年、一年かかる人もいますよとのことでした。

 

応援クリック、ありがとうございます♪

     ↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ペットロスはどのくらいで時間が解決してくれるの?

 

f:id:navimy:20180716002321j:plain

ペットロスで苦しんでいる人は早く楽な気持ちになりたいんです。

 

とてつもない苦しみ、不安感、後悔。

 

あとどのくらい時間が経ったらペットロス症候群の辛さから解消されるんだろう?

 

亡くなったペットちゃんのことはけっして忘れない。

 

でも、苦しいんです。

 

ペットロスがこんなに苦しいものとは思いませんでした。

 

私の今の症状は、早朝覚醒がひどいんです。

 

これはうつ病に見られる症状でもあります。

 

ドキドキして、それと同時に愛犬のことが思い出されてもっと抱っこしててあげたかったとふわふわの感触を思い出してしまうのです。

 

一か月間ずっとです。

 

時間が解決してくれるにはまだ一か月だから無理なのかもしれませんね。

 

もう少し、時間が過ぎたら楽になるかな。

 

思い出として明るくありがとうと言えるには、まだ存在が近すぎるんです。

 

やはりまだこの世にさまよっている証拠?

 

49日過ぎたら、きっと虹の橋に行って元気よく走り回っているよね。

 

ペットロスで認知症になる?

 

隣に住む父親がもしかしたら、私以上にペットロスになっている可能性があります。

 

時々私の家に来ては犬の顔を見て、おやつをあげるのを楽しみにしていたのです。

 

犬の散歩に行くときにも、時々頼んだこともありました。

 

それが無くなってしまったということは、生き甲斐の一つが亡くなってしまったということかもしれないと思ったのです。

 

最近耳が遠くなっただけではなく、更にぼぉ~っとすることが多くなったそうです。

 

考えてみたら、愛犬が亡くなってからがその傾向が強いです。

 

時々実家に顔を出しても、笑顔が少ない。

 

70歳から85歳まで可愛がっていた犬との別れは、精神的にきっときついものがあったに違いないです。

 

ペットロス大丈夫?

 

と、声をかけてあげたい気もしますが・・・

 

ボケボケで、意思疎通もむずかしいですし。

 

犬であろうが、人間であろうが身内の誰かが亡くなると非情に寂しいものですね。

 

生活の雰囲気も変わってしまいます。

 

ペットロスを克服するためには色や香りを使う

 

気持ちが沈んでいる時は、身に着けているものや洋服を明るいものにすると良いと言われています。

 

いろって不思議な力がありますから。

 

ピンク、水色、黄色、明るい緑色。

 

香りも癒しになります。

 

アロマでリラックスするには王道はラベンダーやカモミールです。

 

でも私はローズウッドが好き。

 

癒しの香りは自分がしっくりくる香りが一番良いです。

 

アロマの精油はほとんど癒しにつながります。

 

柑橘系は、癒しと言うよりも元気が出る香り。

 

リラックスする香りではありません。

 

でも沈んだ気持ちを前向きにしてくれます。

 

ペットロス症候群で辛い時には、極力明るい色を着たり身に着けたりすることをおすすめします。

 

それでも無理なら、私のように心療内科で精神安定剤を処方してもらって楽になるのも一つです。

 

アロマは枕元にテッシュにアロマの精油を垂らして寝ると、気分もリラックスします。

 

私はかなりアロマに助けられています。